« スカイステージ・トークのゲストは瀬奈じゅんさん。 | トップページ | ニュースで花組「太王四神記」の初日の映像 »

2009年1月 4日 (日)

花組「メランコリック・ジゴロ」を観て

花組「メランコリック・ジゴロ」を始めて観ました…最初はどうしたってあのヤンミキの軽い乗りとか・絶妙なコンビぶりが印象に深いので、う~ん?と思ってしまったけれど…と言ってもヤンミキだって映像でしか観ていないんだけど、やっぱりあのオープニングの弾けて唄い踊るシーンには硬い!ジゴロっぽくない!二人のやり取りもまあまあ普通…といつの間にか比較してしまっていて…

でもちょっと真面目っぽいダニエルでしたが妹思いの優しいお兄ちゃんぶりだったし、ちょっと品格が邪魔をした感はあるがまあまあ良かったですよ!
ジゴロっぽさは感じられなかったけれどスタンと二人の仲間同士の絆は感じましたよ!

壮さんはかなりセリフも荒々しくてジゴロらしい雰囲気はかんじたけれど二人の絶妙なやり取りは今ひとつ無理だったかも…やっぱりヤン・ミキとの違いはヤンミキがそれぞれの持っている魅力が最高で二人とも男っぽくてコンビとしても絶妙だった二人だったからこそあの味が出せたんだろうな~と思います。

彩音さんは本当のお兄ちゃんと信じて健気で甘えん坊の妹を演じて居て妹らしさが出ていましたよ。

でも最後まで観ていて…やっぱりまとぶんはダンスも上手いけど歌も上手いしお芝居も上手いじゃない!と思いましたが品の悪い役は似合わないのかもね~!

みわっち(愛音羽麗さん)や未涼さんがちょっと変わった役に挑戦していて二人とも中々いいお芝居していましたが…未涼さん結構可笑しかったです!

浮浪者役は高翔さんがやっていてびっくりしましたが~多く配役がいらないお芝居だからまあまあの役所かな。

お父さんのみわっちが警察に連行される前に母親の形見といってコンパクトを渡すけど、
その中に金庫の鍵を忍ばせておくなんて作者として上手いな~と思いましたわ!
最後にカバンを放さないシーンとか、兄弟じゃないと判った二人が最後恋人同士で幕が下りるシーンも中々暖かさを感じていいですね~!

正塚先生ってジゴロを主演にしたお芝居でも最後は暖かく宝塚らしい作品に仕上げてしまうんだからすごいな~と思いました!

ヤンミキとは違う「メランコリック・コメディ」を楽しませてもらいました!

最近やっとまとぶんになってからの花組の映像も少し観るようになって来ました。

« スカイステージ・トークのゲストは瀬奈じゅんさん。 | トップページ | ニュースで花組「太王四神記」の初日の映像 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「メランコリック・ジゴロ」を観て:

« スカイステージ・トークのゲストは瀬奈じゅんさん。 | トップページ | ニュースで花組「太王四神記」の初日の映像 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ