« 桐生園加さんの「Brilliants Dreams」 | トップページ | 星組・安蘭けいさん退団時、ナウオンを観て。 »

2009年2月14日 (土)

花組「太王四神記」初日を観てきました。

テレビでは人気のドラマと謳った舞台をストーリーも判らぬままに観ましたが、宝塚的な愛とロマンに満ちた大スペクタクルの舞台と熱いお客様の様子に初日の雰囲気をたっぷり味あわせてもらいました。

オープニングの神話の時代の案内役は未涼亜希さん…はっきりした口調の語りでしたが
どうもこの神話の時代については興味が薄い所為か良く判らないままにストーリーが進んでいきました…とは言っても舞台を観ていれば次第に明かされてくるので…。

観終わってみると壮大なドラマの中で繰り広げられた宝塚的な愛を強調した作品にさすが~!小池先生の作品でしたね~!

脚本・音楽・振付・衣装と何拍子も揃った舞台はやっぱり良い作品になりますね~!

音楽は素晴しく・振り付けは激しい立ち回りのシーンも多い中で楯を使ってダンスで表現し、お~!ベルバラ以上じゃない!と思いましたが難しいフォーメーションが楽しめたり、衣装も豪華なものから役によりなるほどと思う衣装だったり、戦うシーンの鎧はカッコよく…それらが一つとなって良い舞台を作り上げていたように思います。
そして何よりも主演の3人のタムドクとキハ・ヨンホゲを絡ませた愛と嫉妬・友情など様々な生き様を見せてくれましたが多くの下級生が色々な役を貰いそれぞれが活躍し花組全員が結束して居る様子が感じられて素晴らしかったです!

ストーリーも対立する親達の思惑で仲良しだった二人が父親殺しの疑惑から互いにライバル意識を持つようになり、ヨンホゲは王になりたい気持ちが強くなって行ったり、キハをめぐってもライバル関係になってしまいストーリーを知らない者にとってはタムドクとヨンホゲの愛の行方が興味深かったり、後半チュシンの王への道はどうなるのだろうと思いながら見入っていましたが、後半チュシンの王を目指していたヨンホゲが戦いに敗れ息を引取る寸前にタムドクの父親は自害だった事を告白しキハへの疑念を取り払ってくれて仲良しだった小さい頃と同様に友情を感じたり愛とロマンと友情と親子の愛と様々なことが織り込まれた舞台で観終わって面白かった~!と思えた舞台でした!
最後にキハと共に新たな未来へと歩みだすシーンはまるでエリザベートの最後のシーンの様でびっくりしましたが…

主演タムドクを演じたまとぶん(真飛聖さん)…強い正義感・キハに対してはどこまでも優しい気持ちが伝わって来たり、しかし父親殺しとして疑惑の念で一時期諦め困難と戦いながらも最後は自分の気持ちを貫き通す…いかにも宝塚的なドラマでまとぶん良い役やるじゃない!の印象でした!

桜乃あやねさん…まとぶんとはお似合いですね…タムドクへの優しい愛が感じられて良かったです。

ゆうひちゃん(大空祐飛さん)のヨン・ホゲは2番手の位置を確実にして素晴らしい活躍が観れましたが月組から移動してこんなに活躍されているのが観れて嬉しかったですね~!
友達の時代は何となく仲良し振りが花組みのまとぶんとゆうひちゃんぽくて…でもライバルとなってからは憎々しさを感じる演技が見られたりでお芝居は上手いですね~!

愛音羽麗さんのスジニは男の子の様な格好はしているがやはりどこか女の子を感じさせてくれる…元々美人だし女役のほうが似合うのではと思う人だから今回の役はぴったりでしたね! でも良い役させてもらっていてみわっち花組では一押しだったから嬉しいです!

悪役プルキル役を演じた壮一帆さん…すごい憎まれ役を憎々しく演じていて良かったですよ!フィナーレの男役のダンスは最高でした!上手いですね~!光っていましたよ!

ヤン王に星原美沙緒さんを迎え夏美ようさんや高翔みず希さんの活躍で舞台は締められていましたが、桜一花さんや真野すがたさん・未涼亜希さん華形ひかるさん・朝夏まなとさん・望海風斗さん・望月理世さん等の若手の活躍も目立ってみんなの頑張りが感じられました。
それにしても花野じゅりあさんてまだお若いのにあのヨン・ホゲの母親役は上手いですね~!驚きました!花組みは桜一花さんも実力あるし頼もしい限りですね!

月組から移動になった真野すがたさんや白華れみちゃんが活躍している様子を観てちょっぴり嬉しかったです!

お芝居の中で手をかざすと火の海となったり、こう言う現実離れしたストーリーは余り好きではないが宝塚版の太王四神記は壮大な愛のドラマで素晴らしかったです。
又フィナーレの男役陣のダンスの振付が素晴らしく何度も観たくなるようでした!

お芝居は一度観ただけでは全部は理解できませんでしたがカッコ良いダンスを観ながらもう一度見れる日を楽しみにしています。

今日の感想をお友達に聞くと「良かったよ~!」と意見が一致。

昨日はお席は違ったけれど久しぶりのお友達との観劇・そして美味しいお食事とお喋りに
至福の一時でした。食事が終って出てきたら丁度まとぶんが楽屋から出て来られるところで、お行儀良く座った人達が一人一人お手紙を手渡していましたがまとぶんは始終にこやかに接していたようでした。
久しぶりに出待ちの様子を見て独身だった昔を思い出しましたが皆さん熱いですね~!

出待ちも昨日くらいの寒くない日で良かったですね!

« 桐生園加さんの「Brilliants Dreams」 | トップページ | 星組・安蘭けいさん退団時、ナウオンを観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「太王四神記」初日を観てきました。:

« 桐生園加さんの「Brilliants Dreams」 | トップページ | 星組・安蘭けいさん退団時、ナウオンを観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ