« WOWOWで「TCA2007ーアローレビュー」を観て。 | トップページ | 宙組主演はゆうひちゃん! »

2009年2月27日 (金)

「チェンジリング」を観てきました。

あの予告編を観ただけでどうしても観たくなって…それも一日も早く観たくて…雪が降るかもしれないと言う予報もなんのそので雪の降る中を友達と「チェンジリング」を観に行ってきました。
  
予想では多分涙涙のストーリーなのだろうと思っていましたが、正直ここまで恐ろしい事件が絡んでいるとは…たとえ1928年のロサンジェルスとは言え、行方不明の子を探す事もせず、5ヵ月後に帰った子供が人違いという事を認めようともせず逆に警察のいう事を拒否すれば精神病院へ入れることも簡単にやってしまうというその情景を見て、これが本当にあった物語なのかと信じられない気持ちでした。

誰にも信じてもらえず孤立無援の状態に陥った彼女に唯一力を貸してくれた協会の牧師さんの存在が無かったら…そして別の事件であの農場を調べに行った刑事さんが居なかったら…と思うと恐ろしい。

母親なら誰もが自称息子と名乗る子供が何処の子供なのか、そして本当の我が子は何処にいるのか真実を追い求めるのは当然で四面楚歌の中で失うものは何もない…と心に嘘をつかずに居る彼女を見て息子を取り戻したいと言う一心な気持ちを感じました…何だか北朝鮮に拉致された娘さんを探される横田さん夫妻を思い浮かべました。

全体的に想定していた以上に暗く恐ろしい事件に目を覆いたくなったりする場面もありましたが、裁判により、又一般市民の力も加わり精神病院に入れられていた女性たちが病院から解放された場面は誰もがほっとした場面だったでしょう!

映画はこれで終わりなのかと思う場面からさらに1935年に跳んで気持ちが少し解き放たれたかのように思っていたら更に驚く事があったり複雑怪奇な映画でした。

あまり詳しくは載せられないが最後に少しだけ希望を感じながらもまだまだ辛い人生が続くのだろうな~と見終わってからもすっきりしない暗い気持ちが続いた映画でした。

ただこんなに暗い映画でも見終わった後で友達と映画について色々語ったり、後のお食事とお喋りは楽しく急な誘いでも気持ちよく応じてくれる友達の優しさに感謝したり有意義な映画鑑賞の一日でした。

« WOWOWで「TCA2007ーアローレビュー」を観て。 | トップページ | 宙組主演はゆうひちゃん! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チェンジリング」を観てきました。:

« WOWOWで「TCA2007ーアローレビュー」を観て。 | トップページ | 宙組主演はゆうひちゃん! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ