« 星組「My dear New Orleans」「ア・ビャント」の千秋楽の様子は… | トップページ | マルグリットは驚きの連続! »

2009年3月12日 (木)

夢伝説誕生~馥郁たる香気~柴田侑宏の劇空間~を観て。

夢伝説誕生~馥郁たる香気~柴田侑宏の劇空間~を観て。



花組みファンだった私に取って大好きだった作品「あかねさす紫の花」や「琥珀色の雨にぬれて」など数え切れないほどの名作の舞台を作られた柴田侑宏先生の入団のきっかけから今日に至るまでを伺う事ができ大変興味深く観る事が出来ました。

 


先生は今はとても出来無いけれどと仰りながらも、お若い頃当番回数が増えた時も、創作の面白さに背中を押されて寝る時間も削り創作に励んだ時代があったそうです。


 

入団以来日本物の芝居が続いたそうですが…昔私が宝塚に熱くなっていた頃の映像が流れて~、大好きだった内重のぼるさんや上月昇さんなどが出演されていて懐かしかったです。





先生はデビュー当時から今日まで心がけている事は様々な人を観察することだそうで、その人達をどう描くかでずっと過ごして来たように思うと仰っていました。



 

「小さな花が開いた」では今は東宝の支配人となられている甲にしきさんのお顔が見えましたが、先生は山本周五郎の大衆文学芸術論の意見に大変共鳴されたそうで山本周五郎を尊敬していると答えておられましたが「命ある限り」で山本周五郎の小説を舞台化し、好評を得て、以後周五郎作品を発表していくようになられたとか…又作曲の寺田滝雄先生には一番助けられた話などもされていました。




 

セリフの美しさ…それは先生の人間洞察に基づいているとか~「うたかたの恋」や「川霧の橋」「忠臣蔵」など杜けあきさんのあの名セリフなどが聞けました。


「あかねさす~」の蒲生の逢瀬の場面などを観ながら解説が聞けました。


そして文学的な香気…出演者の魅力を最大限に引き出す緻密な脚本に音楽・衣装・装置・などが相まってかもし出される独特の香気…先生ならではの香気「花の業平」…なるほどな~と感じつつ見入りました。



 

人間の暗い面や悲劇的な物語を描く場合も、柴田作品には観る者をほっとさせる場面がある。 軽いタッチの作品を作る難しさや戯曲としての緻密さについてなど先生の話しは尽きないようで脚本に書かれるト描き(作者がどういう気持ちなのかが判ったり、スタッフに興味を持ってもらう為に描かれる)と言うのをはじめて見ましたが、先生の脚本には脚本の段階でビジュアルイメージがすでに完成に近い形で描かれているのだそうです。

 



 

それから先生のラブシーンの話がおもしろかった!…稽古場で突然1センチでもなく1・5セントと要求したとか、1・5センチが男役が芝居しながら感じる距離なんだそうです。
お歳を召された先生の言葉だから何だか可笑しかったです!

 




宝塚の座付き作者は常に主演男役の個性を活かすよう「沈丁花の細道」を観ながら大地真央さんの飄々とした持ち味が活かされた舞台にはなるほどと感心しながらも噴出してしまいました!


大地真央さんてあんな面白い味が出せる人とは気が付きませんでしたわ!先生は良く観察されているんですね~!驚きました!



又「天守に花匂い立つ」の舞台では主演の杜けあきさんと当時の2番手の一路真輝さんの兄弟と言う設定は二人の個性を十二分に活かす事に成功しているとか…この舞台は観ていますが本当にお二人がぴったりな役どころでしたね~!




最近でも昭和51年に発表されたオリジナルの「あかねさす紫の花」や「星影の人」や「バレンシアの赤い花」の3作品は再演となっていて多分要望が多かったのかな~と思いました。

 




常に宝塚の作品であると言う華やかさな舞台を心がけていられる先生にも苦しい事もあったそうで、これで終わりだなと思ったこともあったそうですが、スタッフの力や生徒の協力があって良くここまで来たなと…仰っていました。



まだまだやっていない事でできる事があるだろうとその可能性を信じてやっていきたいと…

 



柴田ファンとしても先生の新しい作品もまだまだ観て観たい!




是非お身体が続く限り脚本を書き続けて欲しいと願っています。


 

 

 

 

« 星組「My dear New Orleans」「ア・ビャント」の千秋楽の様子は… | トップページ | マルグリットは驚きの連続! »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢伝説誕生~馥郁たる香気~柴田侑宏の劇空間~を観て。:

« 星組「My dear New Orleans」「ア・ビャント」の千秋楽の様子は… | トップページ | マルグリットは驚きの連続! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ