« スカイレポートにたにちゃん登場! | トップページ | 星組「赤と黒」を観て。 »

2009年3月19日 (木)

2002年「琥珀色の雨にぬれて」千秋楽の舞台を観て

色々な柴田作品が連日放送されていますが2002年の「琥珀色の雨にぬれて」は千秋楽の映像だったのですね!



大劇場の匠さんのさよならの舞台でしたがよく観ていると匠さんはやっぱり足が少し痛そうでしたね!




結局東宝の舞台は最後は匠さんは出演できなくなっておささんがクロードを務める舞台となってしまいましたが最後を飾れなかった匠さんも又急に代役を務める事になったおささんもどちらも精神的には大変な舞台だったようです。



 

東宝の舞台は何度か観た作品ですが久しぶりに観て懐かしかったですね~!




今回の映像ではクロードに匠さん・シャロンに大鳥れいさん(綺麗でしたね~!)




ルイに春野寿美礼さん(ダンサー役この頃のおささんは男っぽかった)・ミッシェルに瀬奈さん(フランソワーズの兄貴役はカッコいいし上手い!)・



フランソワーズに遠野あすかさん(あすかちゃん今は大人っぽい役をされてるようですがこの頃は可愛かったですね~!)



 

その他ジゴロ達に彩吹真央さん・愛音羽麗さんや蘭寿とむさん等が出演されていたり、矢吹翔さんやエヴァに矢代鴻さん(ナイトクラブの歌手役はほんとに上手くて素的でしたね~!)等この頃の花組はほんとにスター揃いで今見ると驚きです!



 

匠さんのクロードは真面目で純粋な様子が感じられて良かったですね~!




ストーリーは空軍少佐だったクロードは戦友ミッシェルと航空会社を作ろうとしていた。



ミッシェルの妹フランソワーズとは婚約者の間柄であった。クロードは散歩の途中偶然にも高級娼婦シャロンに出会い恋をする。



一旦は別れるがフランソワーズと婚約後に再会し2人でマジョリ湖で琥珀色の雨を見るために全てを捨てて旅立とうと列車に乗る寸前、婚約者が現れ儚くも夢破れる。



シャロンはクロードに偽りの愛想尽かしをして身を引きクロードも全てを捨てきれずそのまま別れる。




数日後約束のマジョレ湖を訪れ彼女と出会うが二人は満感の思いですれ違う。



 

「琥珀色の雨~まるで美しい想い出のよう~」のセリフですれ違う二人…切なさを堪え唄う匠さんの目から涙が溢れて…匠さんのアップの表情がなんとも切なくて、つられて涙が込み上げてしまいました!



 

この花組の舞台は私的には大好きな作品です!




柴田作品はやっぱりセリフも綺麗だし素的な幕切れでしたね~!




« スカイレポートにたにちゃん登場! | トップページ | 星組「赤と黒」を観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2002年「琥珀色の雨にぬれて」千秋楽の舞台を観て:

« スカイレポートにたにちゃん登場! | トップページ | 星組「赤と黒」を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ