« アンコールで3人のトークを観て | トップページ | 星組千秋楽の様子を観て。 »

2009年4月25日 (土)

宙組「薔薇に降る雨」ナウオン

宙組「薔薇に降る雨」のナウオンを観て。

今回のトーク出演者は…大和悠河さん・蘭寿とむさん・陽月華さん・悠未ひろさん・北翔海莉さん・美羽あさひさん・七帆ひかるさんでした。

ジャスティン・ジャック…タニチャン(大和悠河)
お二人のラブロマンスがフランス映画みたいで~ずっと袖で観ている蘭寿さんはお二人の出会いの場について良いですよ~!と力が篭っていましたよ!

蘭寿さん演じるヴィクトール男爵について…何時の間にやら会社の経営に巻き込まれているとか・そんな中にも友情が芽生えてきていたり、みっちゃん(北翔海莉)は今回イヴェットの弟役は初めてとか・ジャスティンの恋人役には美羽あさひさん…婚約者としては最高だと言われていましたよ!

ジャスティン的にはヘレンを信頼しているし安心しているのにヘレン的には心配でだんだんすれ違っていくのだとか…7年前のイヴェットに出会ったときは酔って何があったの?と言う話しになったり~男役さんのスーツの話しでは皆さんカッコイイらしいですよ!

大和さんは全体の説明では二人の恋愛の部分と後半は謎解きが始まり男同士の駆け引きとか一方姉弟のいろんな事があって色んな所でいろんな事があってこうなるか~!みたいな物語らしい。

又ここを観て欲しいでは…それぞれご自分の観て欲しい場面をアピールしていました。
美和さんは普段は穏やかなのに突然感情を表す場面は、実際にありがちな感情なのでぶつけてやりたいと。

みっちゃんはお姉さんと一緒に唄う貴族を代代引き続いで行かねばならないことに納得できないで居て説得されながら唄うばめんを観て欲しいそうです。

蘭寿さんは全てのシーンの流れを大事に繋げて行きたい。

イヴェットは若い頃からいろんな事があって7年後に置かれている状況を弟に言える様になった自分を出せたらいいな~と。

タニチャンは成長していく過程を一つ一つ丁寧に演じたいと。

ショーについてタニチャンは何て華やかな舞台なんでしょうね~!と言う言葉が聞けましたがプロローグは娘役さんに囲まれての舞台らしく幸せを感じるそうです。

プロローグから場面を追いながらお話が進められていましたがソフト帽の事とか羽山先生のダンス場面についてとか…曲もいいし~・優雅に踊る場面の事とか、男役白燕尾勢ぞろいの場面の話しとか・蘭寿さんは手話を使って唄う場面では気持ちが穏やかに成る話など又みっちゃんとうめちゃんとデュェットを踊る場面の事とか・95期生の初舞台ロケットの話では皆さん感動するらしくタニチャンはロケットで踊る人達を観てこんな時代もあったな~とさよならを意識してしまうと話されていました。

最後に男役のボレロでは一体感があり皆が張りつめた気持ちで踊っていられるとか又エトワールをされる美羽さんに拍手をされていましたが、まぁ話が尽きないほど盛りだくさんであ~!早く観たいと言う気持ちになったナウオンでした。

他にも正塚先生や岡田先生のインタビューでも色々お話が聞けました。

« アンコールで3人のトークを観て | トップページ | 星組千秋楽の様子を観て。 »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組「薔薇に降る雨」ナウオン:

« アンコールで3人のトークを観て | トップページ | 星組千秋楽の様子を観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • Cimg0556
無料ブログはココログ