« 新人公演主演の真風涼帆さん | トップページ | 雪組・3人のトークが面白かったです! »

2009年4月10日 (金)

劇団四季で「アンデルセン」を観て来ました。

今日は久しぶりに劇団四季で「アンデルセン」を観て来ました。

靴屋のハンスが恋をしたりしながら世にアンデルセンとして認められ輝かしい作家人生が始めるまでの物語でした。



ストーリーは…靴屋のハンスは物語を聞かせ子供たちに喜ばれる一方で子供たちが学校に遅刻したりするので学校長からは迷惑がられ新しい街へ越す事に…そこでプリマドンナマダム・ドーラと知り合いバレーシューズを頼まれる…ハンスはすっかりドーラに恋してしまうがある時、振付家でありダンサーでもある夫に暴力を振るわれる場を目撃してしまい彼女が苛められていると勘違いをしてしまう。



ドーロに自分の気持ちを判って貰いたくてハンスは「人魚姫」の物語を書いて贈る…でも


ドーロは夫と二人で仲良く旅に出てしまう。



頭に丸い禿げがある子が苛められていてハンスは「みにくいあひるの子」の話をして立ち直らせる…



話を聞いた新聞社の父親から新聞に物語を書くよう依頼されたり仲良く旅から帰ったドーラと夫からはバレェにの舞台にした「人魚姫」に物語の語り手として出演するよう依頼され舞台は大成功する。




最初の街へ戻ったハンスは校長からも子供たちからも喜んで出迎えを受けみんなに「裸の大様」の物語を語って聞かせる…誰もが知ってる物語ですが、



本当の事を言うには勇気が居るという話しに皆が感心する。マダムドーロが国王の特使として「物語の王様」の称号を授けられた事を発表しこれからがハンスの作家人生が始まると言う舞台でした。




ハンスクリスチャン・アンデルセンを演じた佐野正幸さんですが歌が上手い人ですね~!特に語りから歌に入るところが素晴らしく感情が良く表現されていて、いつも感じる事ですが四季の人は皆歌が上手いですわ!



プリマバレェとしてのマダムドーロ役の斉藤美絵子さん…すごいバレェダンサーですね!正確で兎に角美しく驚きました!お一人でかなり踊られた後は背中が汗で光っていて…前から3列のセンターでしたので良く見えました



ドーラの夫・ニールス役の松島勇気さんはWSSなどにも出演されていたし55ステップスなどでも活躍されている方だから私でも知っていますがバレェだけでなく何でもこなす人ですね!



その他大勢のダンスも皆さん気合が入っていて目の前で圧倒されました!



私が四季の人をあまり良く知らない所為かも知れないがあの人を見たいとかこの人は何処にいるの?とかと言う楽しみはまだ感じられない。



ストーリーは四季らしくて良かったのですが私自身が昨日から体調が悪くて電車に乗ってもずっと眠っていたり劇場に入っても兎に角眠気を感じてしまっていて見ているのがやっとでした。

« 新人公演主演の真風涼帆さん | トップページ | 雪組・3人のトークが面白かったです! »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季で「アンデルセン」を観て来ました。:

« 新人公演主演の真風涼帆さん | トップページ | 雪組・3人のトークが面白かったです! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ