« 花組「愛と死のアラビア」を見て | トップページ | 雪組「ロシアン・ブルー」 »

2009年7月25日 (土)

ココ・シャネルの人生「COCO」を観てきました。

相模原グリーンホールにて晩年のココ・シャネルの人生「COCO」を見てきました。

一度は引退していたシャネルが再び活動を始めようかどうしようかと迷いながらも周囲の言葉には耳を貸さず、自分の思ったとおりに前進していき世間の冷たい目に合いながらも再び成功を収めていく。


モデル志願のノエルと出会い二人が孤児院出身だった事などでココは次第にノエルを可愛がり、最後には自分の将来を託そうとするがノエルはココの説得にも応じず自らの幸せの為に結婚を選び、ココから自立していくと言う~



自立を教えてきたココではあったがノエルがココから自立して行くと言う皮肉な結果となってしまう…ココの人生は孤独で寂しい人生だった様ですが、かなり気性の激しい人でもあったようですね!


出演者は皆さん歌の上手い人ばかりでしたがセバスチャンの岡幸二郎さんの歌とセリフが圧倒的な迫力でしたね~!

大澄賢也さんがノエルの恋人のジョルジュ役で出演されていましたがノエルを心から愛する気持ちが伝わってきて良かったです!

宝塚からは鳳蘭さんと湖月わたるさんが出演していましたがわたるさん「愛と青春の~」以来でしたが、真っ白なドレスやピンクの可愛いドレスを着たりシャネルの衣装を着こなして綺麗でしたね~!



そして声もすっかり女性でノエルに成り切っていましたが、わたるさんセリフも歌も結構高い声でびっくりしました!


鳳さんは声は良いとは言えませんが、感情込めて最後の歌はすごかったです!

久しぶりに卒業生の舞台が観れて嬉しかったですが、劇場でわたるさんファンのお友達とぱったり会い驚きました…お友達が急に行けなくなった代わりに観劇だったとか遠いのに大変でしたね~!

« 花組「愛と死のアラビア」を見て | トップページ | 雪組「ロシアン・ブルー」 »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ココ・シャネルの人生「COCO」を観てきました。:

« 花組「愛と死のアラビア」を見て | トップページ | 雪組「ロシアン・ブルー」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ