« 星組「太王四神記Ⅱ」ナウオンを観て | トップページ | 花組「愛と死のアラビア」を見て »

2009年7月23日 (木)

マイケルのライブDVDを入手

先日NHKが放送したマイケルの番組を見たら、マイケルのライブの様子が観て観たくなり、アマゾンを探した。

するとあった~!何とこんなに安い値段で大丈夫なのかしら?とちょっと不安に感じながらもお手ごろの値段でライブDVDを入手する。



しかも嬉しい事にそれは早くも今日届いたのである。開けてみれば封も切っていないDVDだった。

お陰で午後はたっぷり2時間マイケルジャクソンを堪能することが出来た。

ライブなんて行った事も無い私、マイケルのライブってどんなステージなんだろう?




映像が映し出されるとほのかに暗い闇の中で観客はマイケルジャクソンが現われるのを待っていた。



その人の数は凡そ数万人は居るだろうか?まだ舞台は始まっても居ないのにその歓声は次第にヒートアップし~悲鳴と絶叫に変り失神者が続出した…そしてマイケルの姿がステージに現われると観客の興奮は頂点に達したのです。


大衆の熱狂がどういうものかこのオープニングを見れば分る…びっしりと隙間も無いほどすし詰めの会場で、ある者は歓喜に震えある者は泣き出しある者は失神するマイケルは影絵の様にポーズし、しばし微動だにしない。




するとマイケルマイケルとコールが始まる…マイケルジャクソンと言うスターが世界的な人気と言うのは分っていたが、こんな光景を見たのは生まれて初めてでした!

このライブは1992年ルーマニアのブカレストで開かれた「デンジャラス・ツアー」を収録したものだそうで、このライブこそ80~90年代に燦然と輝く偉業を成し遂げた革命的なポップスターであるマイケル・ジャクソンが到達した“マイケルのエンターティメント”とも言うべき世界の全てが凝縮されたステージなのだそうです。


曲は17曲もあり全部日本語訳も付いているので意味も判る…その中にはもちろんスリラーやビート・イットやビリー・ジーンも聞けたが私的にはビリージーンが一番お気に入りかも知れない!




ビートの効いたロックでありながら曲は物悲しさを感じる旋律とマイケルの高い声・さらにマイケルの訴えるような歌唱力から伝わってくる。その素晴らしい歌唱力と弾けるパフォーマンスは軽業師の様な早いステップや、ムーンウォーク・信じられないあの45度でのダンス等・早いターン・まるでゴムまりの様なジャンプ・でもどんなに早い動作が続いた後でもぴたっと静止する姿の美しさ等など~兎に角人間業とは思えないダンス力でその魅力は言葉では言い尽くせない!

2時間もの間唄いあの激しいパフォーマンス・そのマイケルが最後に唄った曲は♪Man in The Mirror~この歌をへとへとになり倒れながらも再び立ち上がり歌い続けるマイケルの姿に涙を流す観客…恵まれぬ子等への愛とマイケルの優しさを感じました。

必要な事さえも見てみぬ振りをするなんて 僕は何てヤツなんだetc

世界をより良くしたいならわが身を振り返り~変えて行こう~そう変えるんだ!と訴えるように唄うマイケルでした。

すごく長い歌詞なので一部抜粋ですがこんな歌詞でした。

そしてやがてマイケルはボンベを背負い打ち上げられ天空を舞い消えていきました。

マイケルの魅力を知った今、亡くなられてしまった事が本当に残念でたまりません!(-"-)  

« 星組「太王四神記Ⅱ」ナウオンを観て | トップページ | 花組「愛と死のアラビア」を見て »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイケルのライブDVDを入手:

« 星組「太王四神記Ⅱ」ナウオンを観て | トップページ | 花組「愛と死のアラビア」を見て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ