« 星組「ブェノスアイレスの風」を観て | トップページ | マイケル・ジャクソンのスーパーライブを観て »

2009年7月17日 (金)

柚希礼音さんの「トップスターロングインタビュー」を観て

この番組を観終わって感じた事はゆっくりとした口調でしたがきちんとご自分の言葉でトップとしての覚悟や宝塚に対する気持ちを語られていて苦手だったお話しもトップに就任されるとこうも違うかと感心するほどに克服されていて驚きでした!
内容からは周りに対する優しさや意欲を感じトップとしての頼もしさを感じたロングインタビューでした。

2009年大劇場公演「太王四神記Ⅱ」でトップスターとしてデビューした柚希さんの過去を振り返っての映像を観ながらトップに就任し初めてお稽古場での気持ちから初日幕が開き大階段を降りたときの気持ち・又入団11年目でのトップスター就任の重圧と責任・とんとん拍子に階段を登ってきた彼女にも幾つかのハードルと葛藤があったこと等を明かされていました。

トップ就任を初めて聞いた時は不安でいっぱいで「太王四神記Ⅱ」初日の幕が開きセリ上がりで緊張された時の様子など・大きな羽根を背負って責任はあるけれど組子達の優しさとお客様の暖かい拍手で大きな喜びがありこの感動は絶対忘れずに行こうと思ったそうです。

お稽古場ではパレードの振付で号泣されたそうでまるで退団するときの様で感動だったそうです。
トップスターの責任感について…タムドクの人柄から学ぶ事が多く初日の挨拶もタムドクのセリフから言わせて頂いたとか…この役に出会えて幸せと。
羽根の重さについて…全部やりきった後に更に階段を上り~なのでしんどくて…責任の重さと感じたそうです。

又凰稀かなめさんが怪我をされた事について、ちえちゃんの優しさや大きさが周りの動揺を包み込んだらしい。何よりも本人が一番辛い思いをしていると思っていたので、大丈夫?という雰囲気にならないように、間に合いたい!絶対頑張る~と本人が思えるように復帰した時の事を考え息を合わせる練習されたとか…「良かったです初日間に合って!…この言葉を聞いて、お~!そうだったんですか~!これぞ本当の優しさ~と思いました。

柚希さんの過去の軌跡を振り返ってでは、宝塚をめざした理由は?や初舞台では口上が苦手だった事・85期は初舞台がノバボサだったので半年間ずっと一緒に居られて家族以上の絆だった事等話してくれました。

ダンスの魅力と恵まれた容姿で早くから活躍した柚希さんだが、今だから話せる秘話として…ファン時代が無かったので目標と成るものが無く男役のカッコよさを唯真似するだけで理想の男役像に対する追求が出来なくジレンマを感じていたらしい。

その後2001年の「ベルサイユのばら」の新人公演でアンドレ役に抜擢され「イーハトーブ」の等身大の役でザネリをやった事でお芝居が面白いと感じるようになったそうで、さらに2003年「王家に捧ぐ歌」の新人公演でラダメス役を演じ苦手だった歌も歌だらけで…でもラダメスを出来るだけで幸せだったとか…わたるさんに色々教えて頂いたんですね。

又いきなり2番手になったときの気持ちはとうこさんの足を引っ張らないようにとか責任を感じて自分に気合が入ったそうです!
スカピンでは歌と芝居でお客さんの絶賛を浴び、これで自信を付けられたんですね。
小池先生には厳しく言って頂いたそうで…結果として自分の実力とかけ離れた役に出会えてよかったとか。
そして次の「ブェノスアイレスの風」でも演技が高く評価され松尾芸能賞を受賞されたんですね。

とうこさんのさよならでは二人で踊れて幸せな思いと寂しい思いと複雑な気持ちだったそうですがどんなトップになりたいか?の問いに…丁度考えている時にタムドクに出会って皆と一緒に笑って泣いて組子の一人一人と向き合って行きたいとタムドクから学んだそうです。

ねねちゃんについて…天真爛漫な人で救われる事が多く素直なのでお互い意見を言い合って助け合いながら行きたいと。

凰稀さんは雪から組替えしてきていきなり2番手と言うのは大変と思うが伸び伸びしていって欲しいと。
そして皆が舞台人としてそれぞれ自分の為に頑張ってほしい。そして皆で新しい星組みを作りどんどん変化する組になりたい!又挑戦してみたい役は今までと全然違う役をしてみたいと意欲が伺えました。

100年への道では柚希さんの実質お披露目だった様ですが春日野先生の面白い話で感動されたとかOGさんが生まれ変わっても宝塚がずっと栄えていてほしいとか聞いて、そんな宝塚に自分が居ることが出来て幸せと思ったそうです。

100周年に対する宝塚への思いは…宝塚の良さを分っていて下さる方が少ないから普通に映画を観るようになって欲しい…一般の人が綺麗だな~!面白そうだな~と思えるような宝塚にして行きたいと現代的な要素も沢山取り入れて、これぞ宝塚と言う伝統的な面もしっかり守りつつ、新しい自分の魅力を探しつつお客様に楽しんで頂けるよう精進していきたいと意欲満々に豊富を語っていらっしゃいました。

最後の柚希さんへの言葉は沢山のお褒めの言葉で結ばれていましたが100周年に向けていかに期待を掛けられているかを感じました。
ほんとに色々なことが聞けてすごく興味深く面白かったです!

これからは真ん中で踊る柚希さんのダンスが沢山観れると思うと楽しみです!

« 星組「ブェノスアイレスの風」を観て | トップページ | マイケル・ジャクソンのスーパーライブを観て »

スカイステージ」カテゴリの記事

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • Cimg0556
無料ブログはココログ