« 最近の民主党 | トップページ | 花組観てきました。 »

2009年11月 1日 (日)

異色の作品「SAUDADE」

稲葉太地先生の「SAUDADE」を何となく観たくなって又DVDを観てしまいました。

舞台が始まるとあのズンタタズンタの調子のいい曲と燭台やチェスを持って踊るダンスがピッタリでいかにもアングラの占い的雰囲気を感じる場面ですが瀬奈さんが踊る後ろにそのかちゃんやもりえちゃん・一色さんのお顔がちらちら見え女性陣も下級生の男役さんも月組のダンス選抜メンバーが一風変わったダンスを踊っているのですがこの場面何となく嵌ってしまって御織先生上手い!と思いました。

そのかちゃんともりえちゃんが楽しそうに踊るハニーマンと若手の4人のマッチョマンも全然雰囲気が違って楽しそうですが、溌剌と踊る姿を観て誰が一番上手いかな?何て比べながら見て楽しみました。

瀬奈さんは客席から唄いながら現れお客様の脇に腰を下ろして拍手喝采でした。座ったお席は生徒さんだったのかしら?

憧花ゆりのさんとのデュェットも最後は笑顔で楽しそうでした。

みんな楽しそうでこの場面手拍子もすごいですね~!

別れの場面はそのかちゃんがトランペットを吹いているのですが瀬奈さんが邪魔をしたり、それでもそのかちゃんはトランペットを吹き続けていてちょっと可笑しかったです…瀬奈さん何だかかまいたくてしょうがないって感じでしたね~!

楽しかった仲間と別れ戦場に出向く場面から幻覚~戦場と一幕終わりのSAUDADEまでを瀬奈さんは一人汗だくでずっと踊りっぱなし状態…何十分踊ったのでしょう!あのスタミナには驚きました!

この場面衣装は白黒でシンプルですがダンスもシンプルで優雅に見えたり勇ましさを感じたり瀬奈さんの魅力たっぷりの場面です!曲もゆったりから最後はテンポが早くなったりKAZUMI-BOY先生の振り付けも素晴らしく瀬奈さんや男役の魅力を引き出してくれていました。

第2幕はあの舞台の空間で全く関わりの無かった人たちが交わす日常の中にも何となく暖かさを感じる舞台で最後の瀬奈さんと越乃さんとのセリフの一言一言が意味あるものに感じたりなるほどSAUDADE…もう会えない人を懐かしむ気持ちといつか又会えると願いを込めて…の舞台で稲葉先生の素的な心を感じた舞台でした!みんなが少しづつ唄っていらっしゃいましたが皆さんダンスだけでなく歌も上手くて驚きました。

フィナーレではバナナボートの編曲から聞き覚えのある曲を瀬奈さんを中心にそのかちゃんももりえちゃんも皆で名残惜しそうに沢山踊って下さって、最後の黒燕尾で唄う♪黒いわしも懐かしく聞き入りました。

たった13人の舞台でしたがダンスがいっぱいで瀬奈さんの魅力が満載で楽しめました!出演された生徒さんもこの舞台は良い思い出に残る舞台になったのではと思いました。高橋先生・ANJU先生・そして歌唱指導は楊先生だったのですね!さすが麻子さんの唄われた歌はどの曲も素晴らしかったです!

この「SAUDADE」は初めて行く劇場でしたが本当に観に行って良かったと思った舞台でした。

以前同じDVDを観た時の感想は こちら

« 最近の民主党 | トップページ | 花組観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異色の作品「SAUDADE」:

« 最近の民主党 | トップページ | 花組観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ