« 月組「ラストプレイ」は2度目の観劇[ | トップページ | 東宝3度目行ってきました。 »

2009年12月 7日 (月)

雪組「雪景色」を観に青年館へ行ってきました。

雪組「雪景色」を観に青年館へ行ってきました。

 

チケットを申し込む時、開演時間が早いと朝忙しいし、遅い時間だと帰りが遅いから嫌だし~と思って1時開演の日を選んだら…何と今回は役替わりだったんだわ!と言う事で今日はB班でした。

 

一部の「愛ふたつ」はストーリーも面白かったが、三五郎が思いを寄せて居たお咲と一緒になれる喜びで浮かれ周る場面は演歌っぽい曲で飛び回り若いちぎちゃんがあそこまで可笑しく見せてくれるとは~歌はどうでも可笑しくてつい噴き出してしまうほど中々の芸で感心しました!ちぎちゃん(早霧せいな)の酔っ払いや面白歌場面観れたという事は今日見て正解だったのかも…。

 

又三五郎が米やんに酒を勧めるシーンの酒飲みの場面は若いのに頑張っていて結構面白い場面でしたが、トークで話していた通りほんとに長い場面でした!

 

主人公は沙央くらまちゃんだったけど、ちぎちゃんも同じようにセリフがあるからどっちが主役とも言えない…二人は同期だし、だから役替わりにしたのかな?と思ったが…。


それにしてもおせっかいな長屋の甚平さんのお蔭で死んだ事にされた小四郎さんは~、女房まで取られちゃって可哀そうに…と思っていたら、旦那さまを亡くしたお金持ちで美人の小間物屋の浪江さんと一緒になれる事になってまるで大岡裁きの判決で良かった良かったのハッピーエンドの舞台でした。ずっと休演されてた飛鳥裕組長さんが出演され元気な姿を見せて下さって居ました。

 

二部の「花かんざし」も良いお話でしたね!

 

江戸払いの刑を受けた伊佐治がどうしても盗みを働いたとは思えないでいる幼馴染の吉蔵は本当の事が知りたくて手を尽くし明かしていく友情の物語で伊佐治を取り巻く人々の暖かさや人情を感じる作品でとても良いお話でした!

 

そんな真面目な話の中で三度に一度は舟をひっくり返すと言う舟乗り源助の場面は唯一心が和む場面でした。

 

三部の「夢のなごり」は戦国武将の衣装に身を包みカッコ良さを感じる場面もあったが…生き延びて居た平家の落人達の最後の無残な死に方がいつまでも頭に残ってしまって…でも最後に二人が太刀で舞う場面は素的でした!

 

それにしても谷先生バウホールがいくら実験劇場だとは言っても六役もやらせるとは無謀じゃないかな~!逆にお二人は3公演6役をこなしほとんど脚本を制覇した事になり君たち偉いよ~!と思いました!

 

1部2部辺りは面白くて気にならなかったが、3部辺りになると首が痛くて肩が痛くて、お芝居に集中出来なくて…こんなに疲れた公演は初めてでした…お席が一番端だった所為かも知れない。

 

でもちぎちゃんとくらまちゃんの頑張りを観て頼もしく思いましたし、美人お二人のこれからが楽しみですね!

« 月組「ラストプレイ」は2度目の観劇[ | トップページ | 東宝3度目行ってきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「雪景色」を観に青年館へ行ってきました。:

« 月組「ラストプレイ」は2度目の観劇[ | トップページ | 東宝3度目行ってきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ