« 宙組「カサブランカ」観てきました。 | トップページ | 2月の宝塚プルミエールは »

2010年1月 9日 (土)

WOWOWで2夜連続で「レッド・クリフ」

お正月WOWOWで「レッドクリフ」を観ました。




Part1は途中からだったけど惹きこまれてそのまま見入ってしまいました!



Part1とPart2に分かれて居て当然Part2は観ましたが2は三国志の中の赤壁の戦い…兎に角壮大な映画でしたね~!




最初は5万の兵だったのに余りにも勝ち目の無い戦いに3万の兵を持つグループが撤退したり、2万の兵に対して80万の兵なんて一体どうやって戦うのよ!と思ったけれど一夜にして矢を何十万本も用意したり、





敵国の将軍が一番信頼する兵士二人を一夜にして引き離すなど孔明と周喩がお互いに重い責任を担いながら信頼し着実にこなしていくその戦略にびっくり仰天しながら見入りました。






それにしてもあの一夜で敵国の矢を何十万本も集めると言う場面は天から矢が降ってくると言う…それはもうすごい場面でした!





この戦い…元はと言えばたかが女一人の為に曹操が起こした戦いだったとか?





その絶世の美女が周喩の妻だったとは…以前、宝塚でも「花舞う長安」と言う物語をわたるさん主演でやった事があったけどあの時の曹操ですよね?…孔明は知っていたが曹操ってこんな人だったの?と今回初めて知りました。




舟を操ったり魚の脂を集めて爆弾作ったり、風の向きを考えたり、その上男勝りの妹は皆に内緒で敵軍に入り込み自分の腹巻きに相手陣地の地図を書き込んで戻ってきて皆をびっくりさせたり…さすが男勝りの妹だけはあるな~と思いましたが…






そんな男勝りの妹も後半友が戦死した時はさすがにいつまでもその場を離れられずに居て…それもそのはず危ない時に何度も助けられ何時の間にか恋心を感じて居たのかな?敵国の人ではあったが心を感じる場面でした。





映画の最後はまるで火の海…その中を周瑜は敵軍の将軍と自分の妻を探して突き進んで行き、ついに敵の将軍と戦う場面は正に危機一髪で手に汗を握り場面でした!




妻を救い最後は勝ったも同然なのに勝ち負けを決めずに戦場を去る所が又カッコ良いですね~!




戦いが始まる前夜一人悩み苦しみ魅せる周瑜の剣舞がカッコ良くてもう参りました~!





観終わって観ればこの映画には夫婦愛・友情・信頼と多くの事が盛り込まれていましたがそれよりも何よりもこの映画沢山の舟やら沢山の爆弾・それに一体どれほど多くの人達が使われたのだろう?と一大スペクタクルな映画に唯々感心し心に残る映画となりました。




兎に角お勧めの映画です


« 宙組「カサブランカ」観てきました。 | トップページ | 2月の宝塚プルミエールは »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWで2夜連続で「レッド・クリフ」:

« 宙組「カサブランカ」観てきました。 | トップページ | 2月の宝塚プルミエールは »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ