« 雪組「カラマーゾフ~」ナウオン | トップページ | 新生月組 »

2010年2月16日 (火)

雪組「カラマーゾフ~」続き

一幕ではワルな女だったグルーシェニカが、ドミートリーの真実の愛で変身して行く姿や、犯人に仕立て上げられたドミートリーを何処までも無実と信じるアレクセィの姿・又ずっと犯人と思い続けて来たイワンさえスメルジャコフのまさかの告白を聞きドミートリーは犯人で無かった!と反省する感動のストーリーに兄弟の愛を感じました。

ドミートリーの「自分が父親を殺そうと思った事が既に罪なのだと…カラマーゾフの兄弟が無実であると知って居てくれるだけでいい…」と自らの罪を認め幕が下りる瞬間は自然に涙が溢れてくる感動の場面でした!

普段はあまり馴染みの組ではないが水さん良い役やるな~と思いました。

又裁判の場面の中でもスメルジャコフ(彩那音さん)のまさかの告白!に驚き怒るイワンのリアル感溢れるやり取りはすごい迫力で驚きました!

最後のドミートリーとグルーシェニカの二人の場面も悲劇の終幕は一人が相応しいと唄う水さんの姿からは男の悲哀を感じましたが、ちょっと辛口で言えばこの場面水さんもう少し口を開いて唄って欲しかった!

全体としてはストーリーも激動だが音楽もロシアを感じる曲が多く使われて居たり、本当に芝居と歌とダンスが一体化したミュージカルで主要メンバーを上手く活かして斎藤先生上手いな~と感心しました!

父親に翻弄されたカラマーゾフの兄弟の波乱万丈の舞台は様々な愛や憎しみなど人間の奥深い部分を感じながら観た感動の舞台でしたが悲しいけど見応えがありました。

« 雪組「カラマーゾフ~」ナウオン | トップページ | 新生月組 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「カラマーゾフ~」続き:

« 雪組「カラマーゾフ~」ナウオン | トップページ | 新生月組 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ