« 郵政改革をめぐり閣内分裂? | トップページ | 田原総一郎さんの最後の番組 »

2010年3月27日 (土)

中国毒入り餃子事件は

今朝起きたら中国の毒入り餃子の容疑者が拘束されたと言うニュースを聞いてびっくりしました。

中国って可笑しな国ですね!最初に日本が包装の外部は何の異常も無く中にだけ毒が混入していることから日本で起ったとは考えにくいと発表したら、中国は日本がそのように言うのであれば中国も中国国内で混入されたのではないと発表して居た。その後は進展が見られないことから事件解決に向けて日中が協力体制を取って行くことになったのでは無かったのか?

でもその後倉庫に保管してあった餃子を食べた人が何人かが腹痛を起こした事件があり、

この事から日本の人達は当然中国内部の犯行と見て居たと思う…でも犯人特定には至らず、民主党政権に代わってからも音沙汰ない事から関係者の間では諦めムードだったらしい。

何の進展も無かったのに…あれから2年…なぜ突然に容疑者逮捕と言う事になったのだろうか?

犯行動機について「給与や待遇」への不満があったらしく結局会社に恨みを持つ者の犯行だったらしいが…

それにしても会社関係者を調べるだけでなぜ2年も掛ったのか?

実はもっと早くに分かって居たのではないだろうか?と個人的には推測している。

これは全くの個人的な推測であるが…何となくGoogleが中国の検閲には応じられない事で検索事業から撤退した事に関係があるのではないだろうかと思えてならない。

多分今回の事で世界中の人々は中国が都合の悪い事は何でも隠したがる国であると思ったに違いない。

天安門事件・チベット問題・ダライラマ関係・毒入り餃子もしかりである。

だからこそこの時期に餃子事件は中国で混入した事件であると発表し、何事も隠す国ではないと言う印象にしたかったのではないのかな~?

それにしても日本国民にあれだけの迷惑をかけておいて関係者に謝罪の一言もあったのだろうか?あれから中国の食材に対しての売行きもガタ落ちとか、当然信用も回復されないだろう!

中国は容疑者を逮捕したと北京大使館には連絡はあったと言うが、それだけなの?と言いたい!今後の成り行きがどうなるのかしらね?

鳩山さんも外務省も、「これを機にさらなる真相解明が進むことを期待する。中国側の警察を含む関係者に敬意を表したい…ですって!

日本って何処まで人が良いのかしら?

« 郵政改革をめぐり閣内分裂? | トップページ | 田原総一郎さんの最後の番組 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国毒入り餃子事件は:

« 郵政改革をめぐり閣内分裂? | トップページ | 田原総一郎さんの最後の番組 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ