« 瀬奈じゅん退団記念DVD 「NEXT!」 | トップページ | 宙組「シャングリラ~」初日の映像 »

2010年3月13日 (土)

中国・水資源環境調査を見て

去年中国の内陸部4万3千キロを踏破する大規模な環境調査が行われた映像を観ました。

一年がかりで資金を集め初めて民間で調査に挑んだ楊勇さんの報告から中国の水危機の大変な現状を観ました…急激に増え続ける水の需要に対して中国各地の川や湖は次々に干上がり、河の流れが海に到達しない暖流と言う現象が発生している映像や、黄河源流の湖の数が減り砂丘になって居る映像を見ましたが、毎年6%づつ砂漠が拡大して居るとか…綿などの農村の発展で中国で進む水不足は農村部にも影響を与えているらしい。

13億の人口を抱える中国、一人当たりの水資源は世界平均の4分の1しかなく、特に北京や天津など大都市のある北部では降水量が少なく水資源がひっ迫しているのだとか。
こうした北部地域の水不足解消のために、中国政府は巨大なプロジェクトを進めているらしい。
南水北調=南の水を北に調達するプロジェクトで、その費用は7兆円・中国の国家予算の半分にも相当するそうですが、水量の豊富な長江から水の乏しい北部まで運河を掘って水を運ぶ空前の土木工事らしい。
このプロジェクトについて環境への充分な調査をせずに行われた事に楊勇さんは強い懸念を感じているようでした。

中国は人口が日本の13倍だけあってやる事も半端じゃないですね!

長江の源流となっている氷河に向かうのに車で1週間さらに徒歩で丸二日間と言う調査だったようで、そこではものすごい勢いで氷河がとける様子が映って居ましたが…チベット高原の氷河はとけるスピードが早くなっているそうでこの40年で7%小さくなっているそうです。

氷河の末端に湖が出来そこが決壊すると土石流が発生し洪水ととなると説明。

チベット高原の周りには多くの国がありそこに住む人たちが住めなくなり居住地区が少なくなって行くそうです。
調査の途中でチベット高原に群がる資源発掘者達の長いトラックの列が映されて居ました…チベット高原には鉄鉱石やリチューム・金等膨大な地下資源が眠っていて、それを求めて全国から出稼ぎ労働者が集まってきているとか…そこでも大量にお水が使われて居ました。

水源地のすぐ近くまで開発が迫っているとか、そうした開発が深刻な水質汚染を引き起こしているそうです。

楊勇さんは「南極や北極の氷山にだけでなくチベット高原の氷山にも関心を持って下さい!と訴えて居られましたが…この番組を見て中国の水危機の現状を知ってもらう事を目的として資金を集めることから初め、困難を乗り越え4万3千キロを踏破し、現状を政府に報告したりCOP15と言う世界の場で訴えられた楊勇さんのエネルギーに感心しましたが、中国の水危機の現状を中国だけではなく日本の多くの人にも世界中の方に知ってもらう機会になったのでは…と思いこれぞ「未来への提言」だったと思います。

中国の農村で水が使えなくなったら日本も小麦粉などの輸入が出来なくなり直ぐに影響が出る訳ですから無関心ではいられませんよね!

« 瀬奈じゅん退団記念DVD 「NEXT!」 | トップページ | 宙組「シャングリラ~」初日の映像 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・水資源環境調査を見て:

« 瀬奈じゅん退団記念DVD 「NEXT!」 | トップページ | 宙組「シャングリラ~」初日の映像 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ