« シャングリラ-水之城を観てきました。 | トップページ | 郵貯限度額・亀井案で決着 »

2010年3月30日 (火)

雪組の「雪景色」を観て。

今回800チャンネルで録画した「雪景色」を観ました。



役替わりの舞台と言う事を気にせずチケットを取り劇場に足を運んで観たのは1部がこまちゃん(沙央くらま)主演の「愛ふたつ」と2部がちぎちゃん(早霧せいな)主演の「花かんざし」の舞台でした。

 

でも今回800チャンネルで録画した放送は一部も二部もどちらもこまちゃん主演で、近い内にもう一度ある放送もちぎちゃん主演の様です。

 

ちぎちゃんが観たかったので残念!と思いながら観た放送でしたが主演のこまちゃん(沙央くらまあ)の芝居ぶりは、人情話と言う難しい芝居ながら幽霊場面の怖がりぶりや、間の取り方・感情の入り方等をみてもあの若さで中々のお芝居だったのではと思いました!

 

第一部の「愛ふたつ」は死んだ人を取り違えたり妻を他の男に取られたり、まぁなんて気の毒な小四郎さん!と思いきや、最後に大岡裁きならぬあすか裕さん扮するお上のさばきで突然降って沸いた小間物屋の財産と美人妻との縁組と言う逆転劇は、正に盆と正月が一緒に来たようで、観て居て楽しく暖かい気持ちになりました

 

重要な甚兵衛役に汝鳥伶さん・お上の佐々木信濃守にあすか裕さんが扮し舞台を引き締められていましたが、それにしても若手主演でここまで演じられた事は本当に素晴らしかったですヽ(^o^)丿

 

ちょっと難癖をつけるとするならば、三五郎の酒癖の悪い場面は長くて飽きましたが、あそこまでやらないと酒癖が悪いと言う事が分からないのかも知れないとも思ったり…いやそれにしてもやっぱり長すぎるのでは?と思えたりしました。

 

第2部の「花かんざし」もこまちゃん主演でこまちゃんは伊佐治役・ちぎちゃんは吉蔵役で、私が観劇した時とは逆の配役でしたが、こちらも感情が籠ったお芝居で良かったですよ!

 

吉蔵役のちぎちゃんは十手持ちの役と言う事で早口になったのかな?とも思うがもう少しゆっくり話し、感情を込めた方が良いのでは?と思いました。

 

…とは言っても役替わりで3つの舞台となるとそれぞれの舞台の主演二人のセリフを全部覚えられた訳で、さぞかし大変だったろうと思いました…それらを考慮すれば、ちぎちゃんの歌はちょっとひどかったけれど、お芝居では若手二人の頑張りを感じました!

 

期待が大きいからこそ書くのですが、ちぎちゃんには歌をもう少し頑張って欲しいと思いました。結局ちぎちゃん目当ての観劇によってこまちゃんの上手さを感じた舞台となったようです。

 

雪組の今後を思うと彩吹さんも未来さんも居なくなる雪組にとっては大事なお二人…頑張って雪組の舞台を大いに盛り上げて欲しいですね!

 

« シャングリラ-水之城を観てきました。 | トップページ | 郵貯限度額・亀井案で決着 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組の「雪景色」を観て。:

« シャングリラ-水之城を観てきました。 | トップページ | 郵貯限度額・亀井案で決着 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ