« 花組に居た頃の蘭寿さん | トップページ | 久しぶりに「風と共に去りぬ」 »

2010年4月10日 (土)

星組「My dear New Orleans」千秋楽

大劇場公演「My dear New Orleans」の千秋楽の舞台映像を観ました。

この作品の脚本・演出は植田景子先生だったんですね~!あの宙組のタニチャン・ようこちゃんが主演した「パラダイス・プリンス」を書かれた同じ先生の作品とはとても思えない大人の恋の物語でびっくりしましたが、観終わって見ると、とうこさん(安蘭けい)あすかちゃん(遠野あすか)にはぴったりだったな~と言う印象です!

主演のとうこさん・あすかちゃんを初め、しいちゃん・ちえちゃん等皆さんがぴったりの役どころで…と言う事は如何にそれぞれが役になりきって居たかを感じましたが、下級生の多くにまで役を与えられていて、みんな遣り甲斐を感じた舞台だったのでは?と思いました。

10人もの生徒さんが退団する公演で盛り上がった公演だったのでしょうけど、私自身はとうこさんの歌を聞けば上手いな~とは感じつつも、どうも個人的には余り惹かれる事もなくて…とうこさんファンには悪いが、この舞台はスカイステージの初日や千秋楽の様子は観ては居たが観劇はしていませんでした。

大人の恋でしたが、貧しさの中にも感じるジョイの優しさや兄弟愛や大きくは人種差別問題に熱い心を感じたり、ルルに対しては強く愛する気持ちは感じながらも抑えた演技が良かったです。

あすかちゃん(遠野あすか)のルルは…常に囲われ者として自覚しながらもどんな時も弟を思優しさを感じたりジョイを愛しながらもジョイを拒否し続ける健気な気持ちが哀れに感じました!

あすかちゃんは花組時代は可愛い娘役さんの印象だったが、とうこさんと組んでからはいつも大人っぽい役で、娘役も随分役によって印象が変わるんだな~と思いました。

ちえちゃん(柚希礼音)は2番手時代はとうこさんの敵役だったり、今回の弟役もチンピラだったり、余り良い印象が無くて…「再会」では良い役をしながらも、何となく違和感を感じたていましたが、でも「ハックスブルク~」はちえちゃんに似合うかっこいい役で良かったのではと思いました。

2番手の頃ダンスはいつかちえちゃんのダンスがたっぷり観たいと思いながら居たのに主演でたっぷり観れるようになったらバレェぽいダンスで中々夢中にはなれなくて…。

今回のレニーはいつもルルに心配をかけながらもお姉さんを思う真心は強く感じました。

しいちゃん(立樹遥)…紳士役がとても良く似合う人で品がある。優しそうな雰囲気も好きだが星組を良く観たのはわたるさんトップの時でしいちゃんは余り良くは観れなく残念でした。

和涼華さんの退団は…もっと活躍して欲しかった人でしたがほんとに惜しかったですね~!

彩海早矢さんも辞められたし…残念でした!

ゲイブ役の夢乃さん…特別にファンではないけれど身重の妻を助けたいと言う気持ちが伝わってきてすごい熱い演技に驚きました!

この時の真風涼帆さんって何年生?まるで水さんそっくりで驚きでしたが早くも目立っていましたね!

ショーはこれからですがさよならショーも入っているようで楽しみにしています。

« 花組に居た頃の蘭寿さん | トップページ | 久しぶりに「風と共に去りぬ」 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「My dear New Orleans」千秋楽:

« 花組に居た頃の蘭寿さん | トップページ | 久しぶりに「風と共に去りぬ」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ