« 「リラの壁の~」ナウオンを観て | トップページ | 「リラの壁の~」を観てきました。 »

2010年5月23日 (日)

早霧せいなさん主演の「雪景色」は

劇場へ足を運んだ時はこまちゃん(沙央くらま)主演で、その後の800チャンネルの舞台放送もこまちゃん主演を観て居ました。


そして今回の800チャンネルの放送はちぎちゃん(早霧せいな)主演で、私的にはルックスも美しくダンスも魅力的なちぎちゃんが日本物ではどこまで見せてくれるのか楽しみだったのですが…

 

「愛ふたつ」プロローグは茶屋の婆ぁさんとの道案内のやり取りは面白かったのですが、ちぎちゃん千秋楽と言う事で少し力み過ぎたかな~とか、歌の場面では喉が痛くなりそうな声だったりでかなり損をしていた様に感じたり、日本物の立ち振る舞いもまだまだ若いな~と言う印象でした。

 

今回の舞台でのん兵衛・三五郎のこまちゃん(沙央くらま)を初めて見ましたがあの長い場面を飽きさせずにリアル感があり、如何にものん兵衛らしくて、その極端なのん兵衛ぶりが落語的で可笑しかったです!

 

舞羽 美海さん扮するおさきさんは若いのに上手いな~と思いました!

 

全体的には小四郎さんと三五郎さんの役替わりを思うとお二人は良く6役なんてやったわ!と思いましたが、汝鳥さん甚兵衛さんに振り回されるストーリーが面白く、汝鳥さんや飛鳥組長さんに支えられ若い人たちの一生懸命さが伝わってくる舞台でした。

 

2幕の「花かんざし」は愛する人の為に自己を犠牲にしての精神が美しく勉強させられますが、ちぎちゃん切ない表情などは上手く良い面もありましたがもう少し暗さが感じられたら良かったのに~と思いました。



ダンスが魅力なちぎちゃんはショーだったら歌のまずさはさほど気にならないだろうが、今回は無理に声を出している様な唄い方とか音程も気になったり…

 

 

これからの雪組において、多分中心的な存在となるであろうちぎちゃんには歌を是非とも頑張って欲しいと思いました。

« 「リラの壁の~」ナウオンを観て | トップページ | 「リラの壁の~」を観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早霧せいなさん主演の「雪景色」は:

« 「リラの壁の~」ナウオンを観て | トップページ | 「リラの壁の~」を観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ