« きりやん主演の「ヒート・オン・ビート」を観て | トップページ | 「リラの壁の~」の稽古場風景を観て »

2010年5月 6日 (木)

ギリシャの暴動は

ギリシャが財政破たんでヨーロッパの国々から支援を受ける事が決まったと言うニュースでホッとしたのも束の間、ギリシャでは暴動が起こっているニュースを観ました。

ギリシャ政府は支援を受ける前提としてどれだけ財政再建が出来るのか国民に示した緊縮案は国民に取っては暴動が起きるほど飲み込めない案だったのでしょうか?

国が破綻するかどうかの時ならある程度は国民も我慢も必要と思うし、公務員の給料削減は当然の話では?と他国民から見たら思うが…

暴動からは何も生まれないし、このまま財政再建が進まなければヨーロッパの国々からは支援が受けられなくなるし、

ギリシャが抱えた負債は返済が出来なくなり、ヨーロッパの銀行が大きな影響を受け、結果世界中に影響を及ぼす事になる。

日本も他人ごとではない所まで来ているがもしこれが日本だったらどうだろう?

暴動は起きるだろうか?

もし国の一大事となった時に少しでも愛国心があれば緊縮財政も飲み込まなくてはならないのではないかと思えるのですが、どうなんでしょうか?

« きりやん主演の「ヒート・オン・ビート」を観て | トップページ | 「リラの壁の~」の稽古場風景を観て »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャの暴動は:

« きりやん主演の「ヒート・オン・ビート」を観て | トップページ | 「リラの壁の~」の稽古場風景を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ