« 「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 麻子シシィ稽古場 »

2010年7月15日 (木)

宙組「トラファルガー」を観てきました。

「トラファルガー」は、戦争を背景にしたお芝居でしたが、ネルソン提督とナポレオンとの関係を軸に、私生活ではネルソン家族の冷え切った愛!ウィリアムの一方的な愛!とお互いに相手がある中で次第に熱く燃え上がって行く愛!を描いて居ましたが、それぞれの関係・人物像は良く描かれていたと思います。

 

 

唯、周囲を不幸にしての愛…さらにはお互いが不倫状態での愛であり、たとえ二人が結ばれても観て居る者にとっては余り感動的な最後では無かったように思います。

 

 

しかしネルソンは最後は愛する者の為に戦い、帰ることなく残されたエマや子供たちが自由の身になれた事だけは観る者をホッとさせてくれました…ゆうひちゃん(大空 祐飛)とすみかさん(野々すみか)のお二人のお芝居からは愛情が伝わってきますね~!

 

 

ただセリフですが…こんな言葉は歌では無くセリフで良いんじゃないの?と思う場面は幾度もあり、いくら宝塚歌劇とは言いながら宝塚の先生方は何て歌劇がお好きなんだろう!と思いましたが…こんな風に思うのは私だけかな~?

 

 

 

その中で多くの下級生が様々な役で活躍出来る場を与えてもらって居て良かったです。

 

 

ショーの「ファンキー・サンシャイン」は、ビジュアルも素的で宙組のソーラーパワー全開で楽しいショウでした!

 

私はやっぱりとむさん(蘭寿 とむ)の熱く男っぽいダンスに惹きつけられますね~!

 

みっちゃん(北翔 海莉)の歌は何時聞いても素的です!

 

悠未さん(悠未 ひろ)のお芝居は相変わらず男っぽいですね~!

 

そして十輝さん(十輝 いりす)…最近は魅力的に成りましたね!背が高いし目立ちますよ!

 

太陽族の場面は蘭寿さんと花影アリスちゃんの場面は、昔に返った様な気分になり、とても楽しかったです!

 

ほとんどとむさんのダンスを中心に時々色々な人に目をやりながら観て居ましたが、宙組の男役さんも学年ごとに揃って居て見るのが大変でした!

 

フィナーレでありすちゃん(花影 アリス)エトワールで堂々と唄われて居ましたが今回が最後の舞台で、もったいないですね!

 

花組同様、宙組の男役さんはゆうひちゃん・とむさん・みっちゃんと揃って居るのにさらに悠未さんに十輝さんと居て、さらにその下の下級生ではかちゃさん(凪七 瑠海)・鳳翔大さんが目立って活躍されて居ましたが、現在フェアリーズの蒼羽 りくさんの姿もありびっくり!

 

宙組さんも2枚目スターがずらりと顔を揃えて居て楽しみな組ですね!

 

もう一度、今度は良いお席で観劇なので楽しみにしています。

 

« 「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 麻子シシィ稽古場 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組「トラファルガー」を観てきました。:

« 「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 麻子シシィ稽古場 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ