« 宙組2度目の観劇 | トップページ | 「Amuorそれは…」は »

2010年7月30日 (金)

宙組の「薔薇に降る雨」は

スカイステージに「薔薇に降る雨」と「Amourそれは…」の千秋楽付きの映像が入って居ました。

正直「薔薇に降る雨」は、何度も見ているが熱烈に愛し合っているはずの二人の愛が伝わって来なくて…

主演の陽月さんの役はセリフからは結構現代女性でドライな面も感じる割には貴族のしきたりに縛られていて、大人しくしている所を見ると内気だったりで良く分からない。

主演の大和さんのジャスティンの役も行き違いが多く、逢えば喧嘩だし、相手の為に色々考え尽くして居るのに最後まで幸せ像が見えて来なかったり…セリフ自体がぶっきらぼうだったりあっさりだったりと言うのも原因かな~と思いましたが…。

あのきらきらのお二人のコンビでもっともっと色々な舞台が観たかった!
今さら言っても仕方が無いけど、余りにも早すぎたので…。

「Amourそれは…」を見始めたのですが、プロローグから余りにたにちゃんがキラキラして居てカッコ良くて、さらに若手スパークリングの蘭寿さんもみっちゃんも何てカッコいいんでしょう!何度も繰り返し観ていたらちっとも進まなくて、この振り付けは誰?と思って調べると若央先生でした。

もしかしてあれは2001年の雪組のショーで「ローズガ-デン」の中でぶんちゃんが銀橋で踊った後に轟さんを中心にぶんちゃん・コムちゃんらが踊ったダンスでは無いのかな~?と思ったり…すごく男っぽいダンスでカッコ良くて大好きです!

ショーはまだまだこれから…ゆっくりと千秋楽の映像を楽しみます。

« 宙組2度目の観劇 | トップページ | 「Amuorそれは…」は »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組の「薔薇に降る雨」は:

« 宙組2度目の観劇 | トップページ | 「Amuorそれは…」は »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ