« 春野さんのDVD等を購入 | トップページ | WOWOW宝塚プルミェールは »

2010年8月19日 (木)

エリザベート2回目行ってきました。

今日はお席が良かったのでオペラを全く使わずに観たのですが、良かったですね~!

トートの城田さんは最初から声も力強く心に沁み入る様な低音の魅力で初日とはまるで違って堂々と自信に満ち溢れていましたよ~!

ビジュアルも素的でしたね~!見た目が外人でしかもセクシーで妖しい魅力に惹きつけられました!

エリザベートに対しては優しかったり、強引だったり色んなトートの姿が観れましたが、死なせて~!の後、エリザベートを付き放す時、エリザベートの心の裏表を感じ、やはりトートの存在がエリザベートの心である事が分かりますね!

まだ城田さんのト-トしか観て居ないのにもうすっかり心を持って行かれました~!(*^_^*)

瀬奈さんのエリザベートはやはり前回より一層自由になりたい気持ちが強く感じましたが、あの強さは男役を経験した人にしか出せないのでは?と思いました。

トートに対してはハンガリー皇帝となった時には勝ち誇るようだったり、息子を死なせた時には後悔の念で打ちひしがれたり、トートに心が揺らぎながら色んなエリザベートを見せてもらいましたが、フランツに対しては最後まで許せない気持ちが強く感じられました。
お芝居の中では時に美しいエリザベートや可愛いシシィが観れましたが、やっぱり挨拶の時の瀬奈さんの笑顔が一番素的でした!

さらに瀬奈さんの歌についてはトートやフランツが皆さんオペラ歌手の様な人達の中に入って良くあれだけ唄われて居ると、どの場面も力強く唄われていて自信を感じましたし、このエリザベートで女優を不動のものにしたな~と嬉しい気持でした!

フランツの石川禅さんはほんとにオペラ歌手の様で歌はすごかったですが、淡々と唄われるので気持が伝わって来なくて…でも♪扉を開けて~はほんとに切羽詰まった気持ちが感じられて良かったです!又シシィに帰っておいで!と唄う場面は二人のハーモニーが一つに成って素的でしたが二人の心が遠くにある事を感じました。

ルドルフの田代万里生さんは今回はほんとに国を何とかしたい気持ちが伝わってきましたが皇太子自身が改革派だった事で皇帝に攻められ次第にトートに操られ追い詰められてく様子がすごかったですね~!悲壮感いっぱいで惹きつけられた場面でした!

トートダンサー達の踊りが激しくてさすが男性のダンスは迫力がありました!

ゾフィの寿さんは何もかもをエリザベートに奪われて失望で亡くなった様な気がしましたが弱くなって行く様がすごく自然に感じました。

ルキーニの高嶋さんはほんとに自由で舞台を楽しんで演じられているようで、これがあの小池先生の仰って居た事なのかと納得しましたが、このお芝居を途切れなく楽しく進行させて下さっていてさすがに上手いですね~!

音楽が良くて2時間半のお芝居は何度観ても飽きる事が無くて…その上今日は瀬奈さんがすぐ目の前に居らっしゃって、その笑顔がほんとに素的で手が痛くなるほど拍手や手拍子をして…どっぷりと浸かったエリザベートの世界を後にしました。

早くも城田さんトートと瀬奈さんのエリザベートで観たい気持ちが募ってきます。

今日は暑さが和らぐと言って居ましたが結構暑かったです…でも最高の観劇日でした。

« 春野さんのDVD等を購入 | トップページ | WOWOW宝塚プルミェールは »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート2回目行ってきました。:

« 春野さんのDVD等を購入 | トップページ | WOWOW宝塚プルミェールは »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ