« 星組の「スカーレット・ピンパーネル」千秋楽は | トップページ | 花組「麗しのサブリナ」のナウオン »

2010年9月25日 (土)

初めて横浜のキャッツ劇場へ行って思った事

昨日初めて横浜に新しくたてられたキャノン・キャッツ劇場へ行って来ましたが先ず驚いたのは、アクセスが判りやすくてさすが四季だわ!と思いましたね。



キャッツはストーリーは以前と変わらない様でしたが、猫紹介の場面とかは少し変わって居た様な気がしました。


キャッツのメンバーはさすがに歌もダンスも選び抜かれた人達で歌は声量たっぷりな人達ばかりで気持良く聞けて、ダンスのパフォーマンスも素晴らしく皆のりのりで楽しい一時でした。

詳しい感想はこちら

舞台とは関係なく、ふと思ったのですが四季の劇場ってほんとに良くアクセスを考えて乗り換えなしで来れる所とかJRのような幹線を使って便利な所に造られるな~と思います。


東京宝塚劇場に観劇する人達は、もちろん東京近郊の人が多いだろうが神奈川近郊の人の割合も多いのではないだろうか?



宝塚も本拠地がすたれて来ている理由等は良く考えては居るのだろうけれど…もちろん一番の理由は娯楽が多様になった事・生活に余裕が無くなって来ている事・ファンが高年齢化してきている事など挙げられると思うが、高年齢化して居る自分などは近ければ行けるのに残念だな~と思う時が良くあるのです。


もしここで梅田や名古屋・博多で公演されて居る舞台が観れたらどんなにか良いだろうと、又OGさん達の舞台やコンサート等も近ければ観にいけるのに…などと夢の様な事を思ってしまいました。


私も麻子さんに熱烈フアン時代は本拠の宝塚大劇場にもべるばら役替わり等も観に行ったり、梅田のお披露目にも行ったりもしたけれど、これからはどんなに熱く応援したい人が現れてももう行けない!と思う昨今です。

横浜から歩いて数分の場所…探せば未開地区はまだあるのに!
宝塚は外観にも拘りそうだが、四季は全てを簡素にあちこちに劇場を広げて行ってすごいな~と思いました。

夢ではあるが夢も願わないと叶わないと言うからちょっと書いて見ました。

« 星組の「スカーレット・ピンパーネル」千秋楽は | トップページ | 花組「麗しのサブリナ」のナウオン »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて横浜のキャッツ劇場へ行って思った事:

« 星組の「スカーレット・ピンパーネル」千秋楽は | トップページ | 花組「麗しのサブリナ」のナウオン »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ