« カフェ・ブレイクにもりえちゃん | トップページ | 衛星映画劇場「若き皇后シシー」を観て »

2010年9月 6日 (月)

「プリンセス・シシー」はエリザベートの原紙

衛星映画劇場の「プリンセス・シシー」観ました…正に小池先生のエリザベートの世界はこれが原紙だったのか~!と思いました。

男の子の様に馬で駆け回る場面は、シシーが如何に乗馬が好きだったのかとか、釣りが好きだったり、かなり 父親の影響を強く受けて…パパみたいになりたかったんだな~と感じました。

フランツは偶然にも魚釣りの場でシシーに出会い、お見合いの前にすっかりシシーを好きになって居たんですね!

しかしいざ結婚の相手を決断の時、皇后に色々言われてもフランツは自分の妻となる人だけは自分の気持を曲げることなくシシーにしたんですね!
皇后はシシーのあらゆる面が気に入らなかったようで…これがシシーの不幸の始まりだったんだな~と…。

すっかりフランツとお見合いが成立するかのように思って居たお姉さんのネネは可哀そうでしたが、でも新しいお相手が見つかり良かった!

シシーの言葉通り、お姉さんの優しい言葉なくして幸せにはなれなかったでしょうからね!

それにしてもオーストリア皇帝の結婚式ともなると戴冠式の様子もお祝いの宴などエリザベートの衣装など全てに於いて豪華さがちがうな~と映画ならではの豪華さを感じました!
シシーの髪の毛の多さにもビックりしました!あれは鬘か地毛なのか?

結婚式を挙げるまではお互いに愛を感じて居たのに、自由を求めるシシーと古いしきたりを重んじる皇后陛下との確執が始りましたが…なるほどあのエリザベ-トの原紙はこの映画からだったのかと、とても興味深く見る事が出来ました。

これからさらに様々な事が起ってきそうですが…明日も楽しみです!

« カフェ・ブレイクにもりえちゃん | トップページ | 衛星映画劇場「若き皇后シシー」を観て »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プリンセス・シシー」はエリザベートの原紙:

« カフェ・ブレイクにもりえちゃん | トップページ | 衛星映画劇場「若き皇后シシー」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ