« 「エキサイター」は今日も熱かった! | トップページ | 久しぶりに瀬奈シシィ観てきました。 »

2010年10月10日 (日)

朝海ひかる主演・雪組「アンナ・カレーニナ」を観て

2001年の「アンナ・カレーニナ」を観ました。

 


最初の場面で列車に飛び込んだらしい人が担架で運ばれて来るのですが、「命を投げ出すほどそんなにも激しく人を愛するなんて…」とつぶやいた二人だったのに…。


貞淑な妻だったアンナが子供もご主人も捨て青年ロシア貴族ヴィロンスキーとの恋に自分を見失い…薬まで常用し哀れな最後となる究極の悲劇ですが、奇跡的に病気が治った後も、反省もむなしく、なぜあそこで別れなかったのかと…

 

愛し合う二人が全てを失う結果となっても、覚悟の上の恋だった分だからと~最後は心のままに生きるとこうなると言う~ある意味教訓の様な感じの舞台でしたが、逆に裏切られながらアンナを許した夫カレーニンとその子供が哀れでなりませんでした。


3人3様の悲劇で観終わって何とも言えない虚しい気持ちになりますね!


ヴィロンスキーのこむちゃん(朝海ひかる)ダンスは上手いし~又どの軍服も良くお似合いで~本当に素的でした!



この頃のコムチャンは人気もすごかったようですが、今エリザベートを演じて居る人が同じ人だなんてとても信じられませんわ!(*^_^*



落ち着いた政府高官役カレーニンを演じた貴城けいちゃん…渋くて素的でしたよ!




音月さんもヴィロンスキーの友達役で出て居ましたね。


 

コンスタンチンのしいちゃん…この頃は結構良い役をされて居たんですね!

 

 


アンナ役の紺野まひるさん…美しいアンナでこむちゃんとのコンビが素的でした!久しぶりに観て懐かしかったです。


プロローグのコムチャンのダンスもフィナーレのダンスも素晴らしく、さすが宝塚屈指のダンサーでした!


これからクリエでどんなアンナが観られるのか麻子さんのアンナを楽しみにして居ます。

« 「エキサイター」は今日も熱かった! | トップページ | 久しぶりに瀬奈シシィ観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝海ひかる主演・雪組「アンナ・カレーニナ」を観て:

« 「エキサイター」は今日も熱かった! | トップページ | 久しぶりに瀬奈シシィ観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ