« 朝海ひかる主演・雪組「アンナ・カレーニナ」を観て | トップページ | 「彷徨のレクイエム」を観て »

2010年10月15日 (金)

久しぶりに瀬奈シシィ観てきました。

瀬奈エリザベートは、トートに対して自由で居たい気持ちを常に持ちながらも、ルドルフが亡くなった時は、連れてって~!と死への願望が感じられる…でも拒否される…エリザベートの心がトートだとすればこの拒否が本当のエリザベートの心なのかと思える。

そう思って観るとやはりエリザベートはいつも死への願望が強く、トート&エリザベートは裏と表に感じられて面白い!

又瀬奈エリザベートは気持ちの強いエリザベートの性格が感じられて良いですね!
瀬奈さんは男性との共演もすっかり慣れ、男性を相手に堂々と演じて居らっしゃいました!

確かに歌はトートの石丸幹二さんの歌やフランツの石川禅さんの歌に比べればそれは残念ながら声量も迫力も違うとは思うが、それでも歌詞もはっきりとし、感情が籠って居てお芝居はしっかりと演じて居る…今日も♪私だけに~を力強く歌い上げすごい拍手を貰って居ました!又「皇后は何処?」の後ファンファーレと共に現れた瀬奈エリザベートの美しい事!目を見張る場面でしたが堂々とし威厳さえ感じました!私としてはそれで充分!

何よりもやはりタイトルロールを演じるに相応しく笑顔が可愛いシシィでトップ時代のファン層も厚く、集客力は抜群です…論破では色々批判されているようですが、歌も唄えてダンスも踊れてお芝居も出来てその上綺麗で集客力がある人なんてそう簡単には見つからない!…と言う訳で敢えてブログで反論して見ました。

全体としてはやっぱり後半が素晴らしかったです!

場面ではカフェの場面・ミルクの場面のアンサンブルが大好きですが、ユダヤ人を追い出せ~!のダンス場面も迫力があって良いし、父との郷愁の場面も夜のボートも二人のすれ違い人生の哀愁が感じられて素的です!

エリザベート対トートの♪最後のダンスも良かったが、兎に角石丸さんと浦井さんの歌が抜群でトート&ルドルフの♪闇が広がる~の場面は客席いっぱいに響き渡る声が、すごい迫力で圧倒されました!
その後のルドルフがマイヤーリンクで逃れようと振り回されながら踊る場面はトートダンサー達の迫力と共に浦井さんのダンス絶賛の場面でした!
今回はたけのこ席だった為、センターが良く観えない時は近くで踊るトートダンサー達のダンスに惹きつけられましたが、髪を振り乱し身体全体で表現するダンスが素晴らしかったです!皆さん身体が柔らかくてびっくりしました!

高嶋政弘さん…テロリストらしい薄気味の悪さを感じさせながら舞台を縦横無尽に歩き回る自由なルキーニが上手いですね!

杜けあきさんの強いゾフィも良かったし、子ルドルフの鈴木知憲君も可愛かったですよ!

カーテンコールの3度目は1階席ほぼ全員がスタンディングとなり、さらに幕が上がり、トートの石丸さんとエリザベートの瀬奈さんが手をつないでご挨拶されて絶賛の拍手を浴びて居ましたが瀬奈さん本当に素的な笑顔でした!…今日は結構拍手も多く気持良く舞台が観れました。

あ~エリザベート観劇も残り少なくなって来てしまいましたが、本当に最初から終わりまでどの音楽を取っても素晴らしい曲ばかりなので何度観ても飽きない舞台でした…後一回楽しみにしています。

« 朝海ひかる主演・雪組「アンナ・カレーニナ」を観て | トップページ | 「彷徨のレクイエム」を観て »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに瀬奈シシィ観てきました。:

« 朝海ひかる主演・雪組「アンナ・カレーニナ」を観て | トップページ | 「彷徨のレクイエム」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ