« タカラヅカスペシャル2009を観て | トップページ | 朝夏さんの事など »

2010年12月 9日 (木)

星組「花の踊り絵巻」と「愛と青春の旅立ち」を観てきました。

今回の星組はどちらも良い作品ですね~!


ショー「花の踊り絵巻」では遊郭の場面とおけさの場面が印象に残りました!

遊郭の場面…緊張と静寂な中で、あの激しく長い立ち回りのちえちゃんがすごいな~!と、男役としての魅力を感じた場面でした!

おけさの場面は静から動へ、又現代的なリズムに変化してからは男役と女役が交互に踊られたり様々なフォーメーションが見れてすごい盛り上がりを感じました!

松本悠里さんの踊りは素晴らしく、動作の一つ一つが絵に成る様な美しさでした。


お芝居の「愛と青春の旅立ち」は…ちょっと涙ありの素的な青春の物語で良かったですよ~!

海軍士官養成学校でしごかれながら海軍少尉となるまでをザックと仲間を中心にポーラとの愛を細やかな描写で描いて居て、若さ溢れる舞台が今の星組にピッタリで素晴らしかったです!


柚希礼音さん(ザック)は…鬼軍曹にしごかれ、次々と仲間が辞めて行く中で我慢強く、又ポーラと知り合った事で愛を知り、人間としても成長していくと言う等身大の役を生き生きとザックに成りきって演じられていて、ほろりとさせられました。


夢咲ねねさん(ポーラ)…ザックを愛しながらも慎重で、自分は恋を諦めながらもザックを正しい道へ導いて行くと言う、可愛さと真面目さと正義感に溢れた役でしたが役の上からも好印象でした!


凰稀かなめさん
(フォーリー軍曹)…厳しさと怖さの中で、ちょっと可笑しさを見せる鬼軍曹でしたが、最後はザックに対して「曳き様な勝利を選ぶよりも勇気ある負けを選んだ~」とザックを評価する辺りはホロリとさせられました。



涼紫央さん(ベリマン)…ザックとは最初は合わない面もありましたが次第に理解していく仲間を上手く演じて居たと思います…あの髪型が気に成りましたが…。


夢乃聖夏さん(デラセラ)…鬼軍曹からしごかれる場面は弱々しい男を上手く演じて始終笑わせてもらいました…いつも一生懸命な姿は観て居て気持が良いです!


紅ゆずるさん(シド)…親には歯向かえず恋人リネットに対しても人が良過ぎた結果なのでしょうね!最は可哀そうな結果に成りましたが弱々しさや人の良さも上手く表現できていたと思います。



白華れみさん(リネット)…女性としては好かれない役でしたが、お芝居はリアルで上手かったですね!フィナーレでの凰稀さんとのデュェットが愛を感じて素的でした!


ザックの仲間の壱城あずささんはあのヘアースタイルにはびっくりしましたが、美弥るりかさんもそれぞれお芝居は良かったですよ!


フィナーレで海軍士官の燕尾の群舞が素晴らしく見応えがありましたが、ちえちゃんとねねちゃんの真っ赤な衣装でのバラタン・デュェットもダイナミックで魅力的でした!


最後が暖かい作品っていいですね~!


今日のお席は前から6列センターでしたが、ちえちゃんや凰稀さん、すずみん等の目線をビシバシ感じて最高でした!

 

« タカラヅカスペシャル2009を観て | トップページ | 朝夏さんの事など »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「花の踊り絵巻」と「愛と青春の旅立ち」を観てきました。:

« タカラヅカスペシャル2009を観て | トップページ | 朝夏さんの事など »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ