« 雪組「黒い瞳」の再演と言う事で | トップページ | 池上彰さんの番組を観ました。 »

2010年12月 1日 (水)

星組「宝塚花の踊り絵巻」を観てきました。

今日星組「宝塚花の踊り絵巻」を観てきました。

ショーは期待通り良かったし、お芝居は全く期待せずに行ったのですが両方ともすごく良い作品でした!

ショーはお衣装も美しく久しぶりにちえちゃんやかなめさんの若衆の姿が観れて、カッコ良かったですが、ちえちゃん(柚希礼音)は民謡もきちんとお腹から声が出て、踊りもお腰が入ってさすがでした!

場面としては遊女から大太刀回りへと続く場面はカッコ良く、一番の見せ場だったと思いますが、おけさの踊りも良かったですね~!静かなおけさから時に激しいおけさとなり、様々なフォーメーションを見せてくれて心に響きました!

又松本悠里さんとすずみん(涼紫央)のしっとりとした踊りは松本先生の優雅な踊りにうっとりと惹きつけられました!

かなめさんは歌は以前より自信を持って歌われて居たと思いますが、もう少しお腹から声が出ていたらもっと良かったのに!と思いました。贅沢かな?(*^_^*

でもかなめさんは何と言ってもその美しい容姿は何を着られても美しく見栄えがして素的でしたが、紐踊りは楽しそうに踊って居らっしゃいましたね!

最後にあの♪花の舞拍子を聞きながらの豪華絢爛なエピローグはこれぞ宝塚!と言う舞台で素晴らしかったです!

 

 

お芝居は「愛と青春の旅立ち」と言う題名通り若い星組に相応しい物語でした。

厳しい軍曹の下で海軍士官としてしごきを受けながらも我慢強く仲間と助け合いながらも後1カ月と言う所で施設内でお金儲けをしたと言う理由で、辞めろと言われるが、絶対に辞めないと言うザックと軍曹は闘いになる。ザックは負けるが、意図的に負けた事に気付いた軍曹はザックが人として成長した事を知り、ザックの迫力に負ける。

結局校長先生の言葉もあり海軍兵学校を辞めずに、ついに海軍少尉となりポーラとの恋も成就すると言うザックの頑張りの人生を描いた素晴らしい作品でした。


柚希礼音さん
…ザックとして一生懸命生きる姿や、正しい方向に成長していく姿が素晴らしかったですね!


夢咲ねねさん…ポーラは可愛いくて…ザックやリネットに対して正しい道を教えて行く所が如何にも正義感に燃えて居て良かったですよ!

凰稀かなめさん…お髭が良く似合って、こわ~いけどちょっと面白い軍曹でした。
最後ザックと闘い勝ちますが辞めさせる事もなく、ザックに対する優しさを感じてグッ!と来ました!宙組へ行かれてからの活躍が楽しみです!


白華れみさん…役としてはシド(紅さん)を騙してしまって、命まで絶たれて、ショックの役どころですが、相変わらず綺麗で今後も楽しみにしています。


紅ゆずるさん…シドは結果的に騙され若くして命を絶ち、哀れに感じましたが、銀橋を一人唄い渡ったりして居られてかなり押されて居ると言う印象でした。お化粧が上手いのか歌舞伎俳優さんの様で中々素的です。


真風涼帆さん
…まるで水さんが居る様でドキッとしました(*^_^*


1
時間45分のお芝居の中で途中ちょっと中だるみを感じる事もありましたが、次々と展開するストーリーが面白く「負ける事で教えられることがある~」と言う校長先生の(磯野千尋)言葉にも感動したり若者たちの恋路にも色々教えられる事あり、又フィナーレの男役群舞もバラタンデュェットも良かったし、星組の若さをいっぱいに感じ素晴らしい作品でした!


トークでは星組さんにはかなりがっかりしましたが、舞台ではさすがちえちゃん!魅力全開でしっかり取り戻されて居て良かったですよ!

 

 

« 雪組「黒い瞳」の再演と言う事で | トップページ | 池上彰さんの番組を観ました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「宝塚花の踊り絵巻」を観てきました。:

« 雪組「黒い瞳」の再演と言う事で | トップページ | 池上彰さんの番組を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ