« 愛華みれさんのメモリアルDS | トップページ | 海外の救助活動と救援物資に感謝! »

2011年3月20日 (日)

やっと少し明るい兆しが

地震発生以来、NHKは福島原子力発電所のニュースに始終して居て、まるで東京電力に乗っ取られた様な感じだった!…それも世界が日本のNHKの原子炉ニュースを注目して居る事を想えば仕方のない事だったが…それにしても空からヘリコプターで放水をしても拡散してプールに思う様に入らなかったり、又一昨日の夜の報道ステーションの放送では、原子炉プ-ルの温度が1200度を超えたらどうなるかなど~放送して居て悪い方向へ行ってる様な気がして恐ろしかった!
その上、日本に住む外国人がぞくぞくと自国へ帰る様子を見て、日本はそんなに危険な状況なのかと不安でした。

昨日は屈折放射車両を使って13時間半も放水を続けたそうで、プールの温度は下がって来ているそうで1~3号機炉心は冷却状態~とか、5・6号機冷却機能回復のニュースを見て良かった~!と言う気持ちでいっぱいです。

今日は4号機に放水が予定されているそうですが…。

しかし茨城県のほうれんそうや・牛乳に基準値を超える放射性物質が検出されたと言うニュースも出て来て居ますが心配はないそうですので…。

原発に従事する人達・自衛隊・消防の方達と国を挙げての任務により、兎に角原子炉が最悪の状態からは脱した様子でほっとして居ます。

国の指令で20キロ~30キロ範囲の人が避難した避難所では、物資を運ぶ運転手さんが嫌がって運ばず、水・食糧一切届かず悲惨な状態だったそうですが、昨夜のニュースでは病院ごと・又街ごと集団移動されるとか~少しづつ悲惨な状態から脱しつつあるようで、一時的と聞きますが良かった~と言う思いです。

東北方面への道路も修復された様子で、昨日はタンクローリー車が向かう様子や物資が運ばれている様子をみて嬉しく思いましたが、それでもまだ場所によっては物資を積んだ車がガソリンが無く立ち往生している所もあり、まだまだ~の気もしました。
製油所も徐々に動き出しているようで、後もう少し!と思いました。

昨日からはテレビの番組も少し筒通常な放送になり、NHKも避難所のニュースを伝えられるようになって来ていて、すこしづつ実態が分かって来ているようです。
自分としては何のお手伝いも出来ないのですが、テレビを見て少しは明るい兆しが見えてほっとして居ます。

« 愛華みれさんのメモリアルDS | トップページ | 海外の救助活動と救援物資に感謝! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと少し明るい兆しが:

« 愛華みれさんのメモリアルDS | トップページ | 海外の救助活動と救援物資に感謝! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ