« 花組東京「愛のプレリュード」稽古場の様子 | トップページ | 心身極限も、職務全うの記事を読んで »

2011年3月25日 (金)

夢から醒めた夢」を観てきました。

今日は計画停電も無く電車も通常に動いていたので元気を貰いに四季劇場へ行ってきました。

四季の「夢から~」は2度目ですが、それでも最後の母親とマコの別れのシーンは、悲しくて涙・涙の場面となりました!

この舞台は初演から20年も続いているそうで、やはり良い作品だけはあるな~と感心していますが、原作は赤川次郎作・台本は浅利慶太さんと奈良和江さんとか・振付に宝塚の演出もされている謝珠栄さんが名を連ねて居るのには驚きました。

交通事故に遭い命を落としたマコは母親に別れの挨拶も出来なかった事を悔い彷徨って居ました。

丁度霊界に興味があったピコと一日限りの約束で白いカードを預かって霊界に入ります。

舞台は最初のマコとの場面やダンスの場面以外はほとんど霊界の場面ですが、夢の配達人が居て説明してくれたり…霊界にはアジアの子供やパレスチナの子ら・そして悪い事をした3人のグループ・仲間はずれのメソ・長い間奥さんを待っている老人が居たり、色んな人が居て、彼らはそれぞれ亡くなった理由などを歌で説明します。

子供たちが唄う場面は悲しくて、悪のグループ達が唄う場面は可笑しかったり、様々ですがそこでは黒いカードを持った人達は光の国へ行けず、皆の為になる良い行いをして年に一度のカード更新試験に受かり、白いカードを持ちたいと思って居ます。

ある時ピコはメソに荷物を預け出かけその後白いカードが無くなって居る事に気が付き、このままでは人間界に戻れない…カードをすり替えたのはメソ…でも悪い事をしたメソを怒らずに解決しようとするマコにメソは自分から白状します…この霊界では人間界の良い事や悪い事など様々な事を教えられます。

何とか霊界から人間界に戻ってきますが、母親とマコの別れの場面で母親はマコを放さず…この場面で唄うお母さんの歌に圧倒されます。
最初に観た時は果たしてピコは人間界に戻れるのか?と言う気持ちに成りましたが、でもマコの説得でピコとマコは元へ戻る事が出来、皆も光の国へ行けると言うハッピ-エンドとなりますが自分よりも相手の気持ちを考えるピコの優しさに胸を打たれます…ほんとに優しくて色々教えられる場面です…良くこんな霊界を使って面白くて心が温まる作品が作れるな~と感心しました!

歌もダンスもふんだんに挿入されて居ますがダンスは迫力があり、歌は主演のピコ役の岡村美南さんもすごく上手かったですが、母親役の早水小夜子さんの歌は本当に心に響くものがあり自然と涙が溢れました!
又夢の配達人の方も良いお声をしていらっしゃいました!

実はピコ役は樋口麻美参さんかと思ってチケットを取ったのですが今回は観れなくて残念!

今日は寒い一日でしたがお蔭で心を暖かく帰る事が出来ました。

こう言う作品を何度も観て居るとだんだん四季の良さが分かってきて嵌ってきます。

« 花組東京「愛のプレリュード」稽古場の様子 | トップページ | 心身極限も、職務全うの記事を読んで »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢から醒めた夢」を観てきました。:

« 花組東京「愛のプレリュード」稽古場の様子 | トップページ | 心身極限も、職務全うの記事を読んで »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ