« 「風と共に去りぬ」スペシャル・トーク | トップページ | 「リラの壁の囚人たち」を観て »

2011年3月 9日 (水)

白羽ゆりさんのミュージック・サロンを観て

2009年宝塚ホテルで行われて白羽ゆりさんのミュージック・サロン「SWAN」を観て…白羽ゆりさん・音月桂さん・麻樹ゆめみさんと同期3人が揃ったミュージック・サロンはとなみちゃんの華やかなビジュアルが魅力で、その上キムさんのカッコいい男役が魅力で、同期3人の実力派が魅せる歌とダンスに最後まで惹きこまれ観入った舞台でした!

前半はとなみちゃんの思い出の舞台からの曲で、懐かしい気持ちで聞けて、ほっこりと暖かい気持ちにさせられましたが、途中MCでとなみちゃんは囁くような小さな声で話し始め、組替えで1カ月位のお休みを頂けた時、憧れだったベルサイユのばらの舞台の背景となったフランスを一人旅されたそうで、その時の様子を思いだしながらゆっくりと語られ旅行から帰るとその憧れの舞台でマリーアントワネットをするよう言われたとか…世の中にはこんな事があって良いのだろうかと思ったそうですが、周りが暖かくて~宝塚って本当に素的な所…と今にも泣き出しそうに何度も仰って…聞いていてホロリとさせられました…正直こんなに可愛く見えたとなみちゃんは初めてでした!

後半は♪ノクターンや♪アンフォゲタブルなど聞き覚えのある曲で惹きつけられました。

となみちゃんとキムさんのデュェットもすごく良い雰囲気で踊られて居て素的でした!

この日は雪組生や花組生が観に来られて居た様で、キムさんが客席周りの時、水さんや一花ちゃんのお顔がちらっと見えたりしていましたがキムさんの男役に客席も盛り上がって居ました!

となみちゃんの歌は兎も角として、可愛くて華やかで、さすがマリー・アントワネット様だけはあると感じた豪華なミュージックサロンでした!

« 「風と共に去りぬ」スペシャル・トーク | トップページ | 「リラの壁の囚人たち」を観て »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白羽ゆりさんのミュージック・サロンを観て:

« 「風と共に去りぬ」スペシャル・トーク | トップページ | 「リラの壁の囚人たち」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ