« 「ノバ・ボサ・ノバ」前夜祭 | トップページ | 月組「バラの国の王子」千秋楽 »

2011年4月13日 (水)

花組「愛のプレリュード」2度目です。

花組「愛のプレリュード」は今回2度目の観劇でしたが、1回で聞き逃して居た事も今回観てなるほどと思えて良かったです。



お芝居はキャシーへの愛・ジョセフとの友情からは命の大切さや、優しさ・情など心が籠った作品で作者の意図が素晴らしかった!今回は鈴木圭先生の大劇場お披露目作品とか今後の作品に期待して居ます。

 

最後までキャシーへの愛をじっと堪えて来たフレディが爆発しキャシーを抱き占めるラストが本当に感動的でした!

セットも豪華で展開もスピーディで、音楽も壮大な曲が素的で、先生方の力の籠った作品だったように感じました。

何よりも今回でさよならの真飛さんのこれ以上はない男役を制覇する演技と歌に男役としての集大成を感じた舞台でした。

 

キャシーの健気な愛も、キャシーを愛した壮さんも、優しい友達のみわっち(愛音羽麗)も怖さを感じた夏美ようさんも下級生に至るまで、みんながそれぞれ役に成り切って素晴らしい舞台に創り上げて居て見応えがありました。

 

 

 

ショーはパリの豪華なショーを感じる舞台の中で、最後の大階段での男役群舞は息を飲む静粛な雰囲気から次第に激しく盛り上がって行く男役群舞は壮大でカッコ良かったです!



内容的にも素的なダンスが多く見どころ満載で、花組生が一丸となって真飛さんの最後を盛り上げようと言う気迫が感じられ素晴らしいショーでしたが、個人的には見たい人が多くて楽しめました!

舞台が終わって今日も組長さんまとぶさんのご挨拶がありましたが、真飛さんは、自分たちにしか出来ない事で、少しでも被災地の皆さんのお役に立てたら~と義捐金の募集に頭を下げて居られました。

今日はまぁくんも玄関に立って居らっしゃったので、協力して参りました。

確かに見て居る側もこんなに楽しんで居て良いのかと思う気持ちもありますが、こうして舞台を観る人が多ければそれにより被災地への支援も多くなるでしょうからと~思う事にして居ます。

お席もかなり前方でセンターで観れて正に夢の一時でした。

« 「ノバ・ボサ・ノバ」前夜祭 | トップページ | 月組「バラの国の王子」千秋楽 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「愛のプレリュード」2度目です。:

« 「ノバ・ボサ・ノバ」前夜祭 | トップページ | 月組「バラの国の王子」千秋楽 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ