« 今回浜岡原発に対しての要請は | トップページ | みわっち&ともちんDXトークは »

2011年5月 8日 (日)

こんな恐ろしい映像は初めて観ました!

NHKの巨大津波「あの日何が起きたのか」を観て。

いや~すごい映像を観てしまいました!家の間を流れる津波は凄まじい速さで流れ、釜石市の港は土煙りで覆われ全てを飲み込んで瓦礫と共に押し寄せる津波!

今まで色んな映像を観てきたけれど、これほど恐ろしく感じた映像は初めてでした!

さらにあの日映像に映って居た人を探し証言を集めて居ましたが、一端は津波に呑まれたり流されたりし「これで終わりかな~」と思いながらも運よく助かった人達の九死に一生を得た人達の証言を聞く事が出来ました。

その中で…自宅の屋上でコンクリートにしがみ付き一度は水につかった工藤さん親子…
何とかお母さんも助けた娘さんの気丈さに良く頑張ったな~!と胸に迫る思いで観入りました。
その時の水に浮きあがった工藤さんの様子の映像まで映されて居て驚きでした!

車ごと流された菊池さん…破れた車の窓から這い上がりビルをよじ登り助かったとか。

又橋の上に取り残された人が、流されてきた車の澤田さんと言う方を助けた様子等…余りの生々しい映像に映像とは思えず、まるで自分もその場で観て居るような気がしてしまいました。

今回の番組では震災当日の映像を30分にも渡り、様々な地区から捉えた映像を流して居ましたが、地域によって大きく違っていて、岩手では最高38メートルもの高い波だった事が分かったり、宮城県では平地の為5キロにも及び津波に呑まれた様子など、異なった映像を観る事が出来ました。

岩手の釜石市では港の入口に海底から63メートルと言う世界最大の防波堤が築かれていたにもかかわらずそれを乗り越えても尚あの波の高さだったとは!…自然に対しては如何に無力かと言う事が思い知らされますね!

それにしても地震発生と同時にNHKのカメラマンは現地でカメラを廻して居るのには驚きでした!

調査に寄れば地震発生と同時に避難しなかった人が3人に一人居たり、結構過去起こった事により、返って悪影響を及ぼして居たりしたようです。

今回の津波がなぜこれほど大きな被害となったのか?…NHKは災害後の膨大な映像を元に専門家にシュミレーションを依頼~明らかになったのは波が急激に高くなるメカニズムと津波の先端で生まれる猛烈な破壊力…鉄骨までもぐにゃぐにゃに折れ曲がり、15センチもの鉄筋の壁まで砕いて居ました。

NHKでは精神的な負担を感じる人も居らっしゃるかも知れないと感じる中で、あの日起きた事を知る事が今後起こりえる津波から命を守ることに繋がると考え放送するに至ったそうです。

今後まだ色々な事が解明されていくと思いますが、今回の映像を観てさすがNHKと思いました。

« 今回浜岡原発に対しての要請は | トップページ | みわっち&ともちんDXトークは »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな恐ろしい映像は初めて観ました!:

« 今回浜岡原発に対しての要請は | トップページ | みわっち&ともちんDXトークは »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ