« 真飛さんの卒業旅行 | トップページ | 百千糸さんと七瀬りりこさん »

2011年6月26日 (日)

NHKの韓国ドラマ「イ・サン」

この所すっかり嵌ってしまって居るNHKで放送の韓国ドラマ「イ・サン」ですが、最初の頃観て居無くて、ダイジェストだけ観てもちょっと判りにくいし、いや、それよりも最初から観たい気持が強くてとうとうDVDを買う事に…アマゾンで購入したDVDが何と翌日に届き何はさておき、昨夜はどっぷりと「イサン」の世界に浸りました。

今までイ・サン(王位継承者)の父親が謀反で捕えられたと言う事が今一はっきりしなかったが、今回のDVDを見て…あれでは疑いを掛けられたのも無理もないかな?と思えました。

イサンの少年時代(世孫)を演じて居るあの子役に付いては…わずか11歳の少年が王の忠告に逆らい米櫃に捕えられた父親を助け出そうとする場面は、王宮の言葉使いでありながら良くあそこまで感情表現できるな~と子役ながらその演技力に驚きました!

王に問い詰められても「嘘をついてまで自分の命を守りたいとは思わない」とか、常に王の心を損なわない様・正義を貫こうとする世孫の正義感の強さ!には驚くし、何処までも父親を庇う姿に唯々驚く!

それにしてもわずか11歳の少年の肩に、次々と王に成る為の難題を課し、王に成れるかどうか?で重責を負わせるとは…父親に汚名を着せたくない気持ちと母親を守りたい気持ちの間で答えが判らない~と母親の胸に泣き崩れる少年が健気で、あの涙には観て居る方もグッ!と来るし、いやでもセソン(世孫)に味方の気持ちで観入ってしまいますわ!

アップで映される優しさ・哀しさ・悔しさの表情が豊かで現王に対しての言葉や振る舞いが、如何にも未来の王の姿を感じさせてくれる。

陰謀渦巻く宮中で次々と起こる事件の中で一体誰が味方なのか?敵なのか?…世孫として立場を追われるのか王の言葉一つにハラハラドキドキしながら観入る。

本当に一話の中にも何度も一喜一憂するドラマで、朝鮮王朝最も愛され最も過酷な王だったと言うイ・サンの物語が面白くて堪らない!

韓国ドラマを見始めたのも今回が初めてだがこれほど夢中になって見るとは!やっぱり最初から観れると言う事は全然違うな~とDVDを買って良かった!と思いました。

« 真飛さんの卒業旅行 | トップページ | 百千糸さんと七瀬りりこさん »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの韓国ドラマ「イ・サン」:

« 真飛さんの卒業旅行 | トップページ | 百千糸さんと七瀬りりこさん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ