« 「小林公平没後~」の録画を | トップページ | 小林公平没後1周年より »

2011年7月13日 (水)

「オーシャンズ11」の制作発表を観てびっくり!

スカイステージのニュースの中で星組「オーシャンズ11」の制作発表会の様子が観れました…専科の未沙のえるのナレーションに乗って、各々の役柄で星組出演者が登場していましたが「オーシャンズ11」ってこう言う作品だったの~?
映画は観て居ないから全く解らなかったけど、今までとは全く違った制作発表の様子にびっくりしました!

 

 

紅ゆずる…ホテルチェーンのオーナー・テリー(タバコに火をつけ咥えたばこで~)沈着冷静な若社長だが、そのビジネスには血も涙も無い!情け無用のクールガイズ!唯一つの泣き所それは惚れた女テス。

 

 

 

夢咲ねね…ラスベガス一の良い女…(腰を振り振りアピール)テス、だが彼女には隠された過去がある。別れた元の亭主は塀の中、詐欺師のカリスマ、ダニー・オーシャンだった。

 

 

涼紫央…詐欺師と言えばもう一人、(トランプしながら踊ってる)忘れちゃならないラスティー、落ちぶれてハリウッドでチンピラ俳優にポーカーを教える侘しい日々。もう一肌上げたいが一人じゃできない仲間が必要だ!

 

 

 

夢乃聖夏…いかさまブラックジャックで黄金の腕を持つディーラー・フランク…今じゃ場末のカジノで名前を変えて真面目にお勤め…再びベガスに返り咲く日はあるのだろうか?(トランプ飛ばせて見せている)(長い髪・何時もとお化粧が違って今回の方が映える)

 

 

 

真風涼帆…シカゴの満員電車でスリでせこく稼ぐライナス…親父は伝説の凄腕スリ師。到底親に及ばぬノミの心臓の持ち主…悶々として青春にけじめを付けるにはきっかけが必要だ!

 

 

 

柚希礼音…詐欺の天才ダニー・オーシャン…務所から帰ると別れた彼女はホテル王の彼女になって居た! 10人の仲間を集めてカジノの金庫から金を盗む計画を立てる。完璧を誇る鉄のセキュリティ・システムを破る事は出来るのか?

 

 

 

とそれぞれの役どころをちょっとしたダンスでご披露…怖いお兄さん方をカッコ良くアピールされて居ました。

 

 

小林公一理事長さんは…「今の宝塚として挑戦し甲斐のある作品と思いまして今回舞台化を決定させて頂きました」

 

 

ちえちゃん(柚希礼音)は「大人っぽく色っぽく渋く、今までの役では無い様な自分を発見できたら…」と。

 

 

今までの制作発表と言えばほとんど主演がデュェットで唄って終わり…今回の制作発表ご覧になった方達もびっくりされたでしょうね!

 


そう言えば小池先生の作品と言えば「グレート・ギャッツビー」だってこの手法のパフォーマンスで見せたらこんな感じになったのかな~と思いましたが…。

 

 

小池先生…以前大衆が喜びそうな作品を創って行きたいと仰って居ましたが、今回は「宝塚でちょっとひねったコメディの様な今の日本でやる事・ばらばらのパーツが並んでいるようにも思うのですけど、その中に柚希レオンがやると言う所に接点があり、コア・核があると思っている」と仰って居ました。

 

 

このパフォーマンスだけ観たらまるで宝塚のイメージからは程遠い作品のようですが、正塚先生の世界に近いような気がしたり、ま~色んな先生方がいらしゃるから色んな作品があって楽しいのかなとも思いました。

« 「小林公平没後~」の録画を | トップページ | 小林公平没後1周年より »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オーシャンズ11」の制作発表を観てびっくり!:

« 「小林公平没後~」の録画を | トップページ | 小林公平没後1周年より »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ