« トークデラックスにもりえちゃん! | トップページ | もりえちゃんのトークデラックス続き »

2011年8月 3日 (水)

「三銃士」2度目観て来ました。

「三銃士」のお芝居は、ダルタニアンが三銃士らと共に、フランス国王ルイ13世(今拓哉)に反逆を企てるリシュリュー枢機卿(山口祐一郎)等の手下と戦い王妃の首飾りを取り返すと言う冒険活劇ですが…

アンヌ王妃(シルビア・クラブ)は恋仲だったイギリスのバッキンガム侯爵(伊藤明賢)に戦争を回避する事を条件に結婚記念の首飾りを手渡してしまい、その首飾りを巡ってお芝居が展開されるのですが、ダルタニアン(井上芳雄)とコンスタンス(和音美桜)との恋あり、リシュリュー枢機卿の陰謀あり、アトス(橋本さとし)とミレディ(瀬奈じゅん)の恋あり、歌あり、ダンスありで内容が盛り沢山な冒険活劇ミュージカルとでも言いましょうか、兎に角、剣によるアクション場面が多く、観て居て怪我をしないかとハラハラしながら観て来ました。

ダルタニアンが王妃の侍女の美しいコンスタンスに恋をしますが、若くして初めて恋をした嬉しさやワクワク感が伝わってきました。

歌は主演ダルタニアンの井上芳雄さんを初め、山口祐一郎さん等一流のミュージカルスターさんが多く出演されて居るので圧倒されますが、宝塚のOGの瀬奈さんや、和音美桜さんも出演されて居てとても興味深く観れます。

舞台では三銃士達が集まって♪ひとりは皆のために~を唄っていますが、丁度東日本大震災のこの時期だからこそ日本中の人の心とリンクして気持が伝わって来る素晴らしい曲でした…井上さんの素晴らしい声で唄われ最後は大合唱となって客席と一体感が生まれた様な気がしました。

宝塚ファンの私としてはOGの瀬奈さんが気に成り観入りましたが、瀬奈さんのミレディは、リシュリュー枢機卿の手下として女だてらにダルタニアンと戦ったりで、ちょっぴり過去の男役を思わせるカッコイイ姿を見せてくれますが、

ダルタニアンの愛するコンスタンスを毒殺したミレディとしては三銃士からは許されず、アトスに想いを寄せながらも、これ以上未練がましく迫る事も出来ず、急いで身を投じてしまいます…アトスとしてはあっという間の出来事で、後に残された者の切なさが伝わって来る場面で、はかなく消えた恋となりました。

瀬奈さんは歌も何曲も歌って居ますが、一人で唄われたり女性3人で唄われたり活躍して居ますが、♪女なんて~を唄われた後、黒いスカートを脱ぎ捨て黒ずくめのショートパンツで踊るダンスがカッコ良く、やっぱり瀬奈さんはダンスだわ!と思いました。

アトスの唄う♪クリスタルの天使~は昔のミレディに想いを寄せて居た頃を思い浮かべて唄われていますがミレディに未練を感じているようで…気持が籠って居ました。

フランス国王の為に良い仕事を成し遂げ、晴れて父親の名を継ぎ銃士となれたダルタニアンを皆で祝福すると言う…中々素的なお芝居で面白かったです!

舞台が終わって瀬奈さんと3人位の方が募金で入口に立っていましたので、私も僅かですが協力してきました。

帝劇を出ると土砂降りの雨、なるべく濡れない様ビルの軒下を歩きながら有楽町駅に着きましたが、短い距離なのにすっかり足元がびしょびしょに成って帰ってきました。

« トークデラックスにもりえちゃん! | トップページ | もりえちゃんのトークデラックス続き »

その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三銃士」2度目観て来ました。:

« トークデラックスにもりえちゃん! | トップページ | もりえちゃんのトークデラックス続き »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ