« 韓国ドラマ「タモ」11話を観て | トップページ | 韓国ドラマ「タモ」12話後半を観て »

2011年9月 4日 (日)

韓国ドラマ「タモ」12話を観て

ファンボ・ユンとイ・武将はやっぱりユンの気持に気が付いて居たね!仲間割れして居る時じゃないぞ!と思ったがペク武将が駆けつけた舞台に不審を抱いてイ武将に確かめに行かせるがユンとの間に入って良いコンビだ!

チヨ大将も逆族のしっぽについて、ついに王様に話し始めましたね~。

チェオくは傷ついたソンベクを気遣いながらも、敵と言う壁がある。

今にも死にそうになりながらも、チェオクに水を飲ませてもらったソンベクは、なぜ謀反を起こすのか、謀反を起こす者が悪いのか語る場面…母親が病気で食べる物も無く~謀反の剣を握る様になった経緯を語るソンベク…悪の頭領なのに正義感を感じる場面ですね~!

チェオクが自分の着て居た衣服で覆ってやる場面は、余りにも兄弟二人が哀れで、涙がポロポロ出てこれ以上見て居られなかった!

まだ半分しか観て居ないけど…辛くて観て居られない…こんなドラマがあっただろうか?

« 韓国ドラマ「タモ」11話を観て | トップページ | 韓国ドラマ「タモ」12話後半を観て »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「タモ」12話を観て:

« 韓国ドラマ「タモ」11話を観て | トップページ | 韓国ドラマ「タモ」12話後半を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ