« 花組「ファントム」千秋楽映像より | トップページ | 韓国ドラマ「タモ」6話は2度目 »

2011年9月14日 (水)

雪組「はじめて愛した」を観て

雪組「はじめて愛した」を観て…随分暗い作品ですね~!
キムさんは最初から現場を見られたと言う不安が付き纏い、役が役だけに暗い感じでしたが、人との繋がりは情深く描かれて居て正塚先生らしい作品だと思いました。

主役が撃たれて死んだ時、まさかトリックだとは気が付かなく、まさか警察さえ騙してしまうとは…後で分かってびっくりしました。

ガイはレイチェルと2人何とか逃れたいと言う状況の中でもアッシュ(未沙のえるさん)を一人にしておけないと言う気持ちが感じられ、アッシュとの絆の強さを感じました。

レイチェルの愛加まなさんも最初は不信を感じながらも次第にガイを信じ愛して行く様で良かったですよ!

一方、街を仕切るボスの息子のジュリアーノの彩風咲奈さんの変身ぶりには驚きでしたが、
あんな役もやれるのかとオフの優しいイメージからはとても想像できなくて…

早霧せいなさんの刑事ベルモンドはレイチェルを何とかガイから離したいと追っかけて居ましたが、見事振られて可愛そうでした!

しかし記憶を失った女性と犯人の出会いなんて良くこんなストーリーを考えますね~!

暗いお芝居でしたが、フィナーレでは皆さん良い笑顔が観れて良かった!

又素的なダンスも見られ宝塚ってこれがあるから良いですね!

宝塚的な作品とも言えなかったですが、人との繋がりは情があり良かったです!

« 花組「ファントム」千秋楽映像より | トップページ | 韓国ドラマ「タモ」6話は2度目 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「はじめて愛した」を観て:

« 花組「ファントム」千秋楽映像より | トップページ | 韓国ドラマ「タモ」6話は2度目 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ