« 「川霧の橋」を観て。 | トップページ | 宙組「クラシコ~」ナウオンは »

2011年10月16日 (日)

花組「小さな花が~」ナウオンは

花組全国ツアー「小さな花がひらいた」「ル・ポワゾン-愛の媚薬Ⅱ」のナウオンステージを観ました。

今回の司会は与倉幸恵さん…役名と自己紹介から始まりました。

大留の若頭領茂次を演じる蘭寿とむさん

大留の下働きの娘おりつを演じる蘭乃はなさん

大留の大工くろを演じる華形ひかるさん

福田屋のおひさの娘おゆうを演じる花野じゅりあさん

大留の大工・大六を演じる望海風斗さん

小さな花が開いたは山本周五郎の「ちいさこべ」を舞台化したもの…主人公茂次は大火で両親も店も失ってしまった大工の若頭領、誰の力も借りずに家業を再興させようと頑張って居る彼は同じ境遇の焼け出された孤児たちを放っては置けず、孤児を引き取りおりつと共に育てる事になる。健気な娘やこども達の暖かい心の交流を描いたミュージカルだそうです。



蘭寿さんは周五郎のちいさこべを読んでい終わった後でジーンときて、やっぱり何度も再演されている作品だなと思ったそうですが、腕一本で立てなおすと言う心意気がすごいと思うし、こども達とのふれあいの中で、どんどん気持ちが変わって行って情が湧いてきて、可愛くなって行ってるのとおりつが健気に育てて行ってる様子を見て、芯の強さや心優しい所に惚れて行くんだろうな~と演じながら感じているそうです。



皆さん和物が久しぶりだそうで、「くらわんか」とか江戸の世界は「月のほかげ」とか蘭ちゃんは「大坂侍」とか話して居ました。


蘭ちゃんは台本を頂いた時から役には共感出来たそうですが、やって見ると良く喋っているし、江戸時代の所作や立ち振る舞いが難しかったとか。
おりつも両親を亡くし大とめに引き取ってもらって、こどもたちの面倒を一生懸命見ている姿を見て頂ければと話して居ました。



くろは…そんな2人を見守る愛のキューピット役で、柴田先生が書かれている台本の言葉が、すごくシンプルだけど人の心に直接入ってくる。

又場面ではこんな所がありました~と言うシーンが多いので、色んな事がある中いきなり始まるモチベーションを大事にやって行きたいと…みんなに役がぴったりだよね!と言われて居ましたよ!大工の心意気とかや、自然で熱い心を感じるそうですが、蘭寿さんにはその時代に居たんじゃないか!(*^_^*)とか言われて居ました。
ご本人は日本物をやりたかったそうで、よしきた~って感じだそうです。



何とだいもんくんはくろの兄貴だそうで、まゆさんの茂次よりも年上で、これにはちょっとびっくりでしたが…茂次さんは年下なのにすごいしっかりして居て、強い信念を持った人で
その傍で自分がどう居たらいいのか考えながらやってるそうですが、ある時は見守って居たり、口出しをしたりするそうですが、茂次の背中を見ながら着いて行くと言う今までにないタイプの役で、じゅりあさん曰く陰で茂次を支える役だそうです。


カーテンコールではぐっ!と来るものがあったそうです!

蘭寿さんはあんなに意見したりやり合ったりした中で、最後に和が生まれてるな~と感じるとか。


蘭のさんはカーテンコールが複雑だとか…どうしてでしょう?

花野じゅりあさんは、誰もがこんな人と結婚したいと思わせるような優しくて、綺麗なお姉さんだそうですが、おりつさんよりも年下で、中身は我儘な所があり、少し気が強い性格と言う事が最近分かったと話して居ました。

観る者にはおゆうちゃんの方が良いかな~と思わせたりで、茂次とおりつの2人にとっては障害的な存在だそうです。

こども達との接し方に付いて…皆さん可愛い!と言ってましたが、蘭寿さんは14人も居るから蘭ちゃんは「色んな子が居て良く育ててるね!」と言われて居ました。




個性があってこどもに見えるし、それぞれ年齢の違いも見えるし~と言う意見やら、子供に対してや、おかあさんが懐が大きいとか色んな言葉が聞けましたが、皆さんこども達と接する時は熱い気持ちになりぐっ!と来ると話して居らっしゃいました。



まとめでは…昔の日本ならではの人情あふれる舞台で、火事が起こっても人々が繋がり助け合っていく事によって前へ進んで行く。



華形さんはストーリーが良い作品で、この場に居ない人の中でも魅力的な人が沢山居て嫌な人が誰一人居なくて美しい気持ちや優しい気持ちを感じさせてくれる。

すごいシンプルだけど根底には人の優しさや懐の深さを暖かい所を出して行きたい。



蘭ちゃんはおりつと言う人はまっすぐ子供に向き合うし、一途に茂次さんを想っていると言う女の子なのでピュアな部分を大切に人物に成りきって演じたいと。




蘭寿さんはこの粋な世界が大好きで、情とか、和ができたりとかの世界が大好きなので、柴田先生の美しいセリフに載せてお客様の心に届けたいと締めて居らっしゃいました。


とても和気藹藹とした雰囲気を感じたトークでした。


ショーに付いては又後で書きたいと思います…公式の詳しい情報は こちら

« 「川霧の橋」を観て。 | トップページ | 宙組「クラシコ~」ナウオンは »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「小さな花が~」ナウオンは:

« 「川霧の橋」を観て。 | トップページ | 宙組「クラシコ~」ナウオンは »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ