« 90周年運動会は何度観ても楽しいね! | トップページ | 「トンイ」30回はびっくり仰天 »

2011年10月31日 (月)

「イ・サン」妖しい人影を観て。

「イ・サン」妖しい人影を観て…今回もリアルタイムでは韓国語で聞いて、二度目は吹き替えで観ましたが、ソジンさんの生声はもちろんだけど、吹き替えの世孫さまの声も本当に世孫様らしくて良いですね~!

今回は王様がナレイ事件後、ホングギョンに全権を与え、ナレイ事件の全貌と世孫暗殺を企てたものを暴くよう命じた事で、ホン・グギョンは策を講じ、テスやカンソッキ・ソジャンボ等従事管が辛い任務をこなし、ノロン派を追い詰めて行く様子が面白かった!

世孫側の味方が少ない中、王様までもが10日間も王族に会わない様にと言う願いを受け入れたり、世孫もまた解決が見いだせずに居るホン・グギョンに、最初を思い出すようヒントを与えたり、ヘビン様までファアンの様子を見に行ったりして、正に総力を挙げて反撃の階段を一歩づつ上って行ってる感じがして痛快だった!

しかしグギョンも経験を重ねると世孫に嘘を付いたり、それを知りながら見守ったりと、信じて居ればこそ、お互いに負担を掛けぬようにと、優しい気持ちが感じられて、良い主従関係になったな~と感じた!

実行役のテス達も、ホングギョンを信じればこそ命をかけた辛い任務をこなして居たようだ。

王妃様は王様に対して、自分の兄が朝廷の不逞な輩に拉致されたと~言葉を発してしまい、返って王様に疑問を抱かれてしまって…王様も「そちがそれほど気に病んでいるのであれば世が命じて行方を捜させよう」とか…王様もギジュが関わっている事は知って居るのに知らばくれるのが上手い!

王様に会った王妃はその後の王様の態度が変だったと気づき、焦る王妃とノロン派でした!

フギョムでさえ世孫側の動きが全く読めないと、焦るファアンのいらいら感が伝わって来ました!

一方拉致されたキムギジュは全く反省も無く天下のキムギジュだ~!とかわめいて居て暴れ方がすごい!

戯牢で美人さんに囲まれて~イイチョン様は天才とか・天下の巨匠とか~褒められていたが、皆自分の姿を描いて貰いたいのだろうか?イ・チョンは今の写真家の様な存在なのか?
図画署の者さえ知らないのにさすが戯牢だね!イチョン様もびっくりだった!何時の世も同じだな~!と思いました。
しかしその後の良い筆を取り合いがすごくて、タモ達に笑われて居た!

突然訪れたヘビン様に驚くファアン…女同士の嫌みたっぷりなやり取りの中にも探り合いが見えるシーンですが、ヘビンの取り調べ~と言う言葉に反応するファアン!
2人の表情が見ものですが、ヘビンが帰ってから物を投げつけ、悔しがるファアンも見物!

グギョンが事が進まず窮地に陥って居る時には、世孫様はキムギジュを拉致した理由が何であったか?最初を思い出せと「相手を揺さぶって自ら尻尾を出させる云々~焦って自ら動く様仕向けるのだ!」と…このヒントでグギョンが動いたのだろう!

このシーン口元を観て居てもこの「イサンの吹き替えはぴったりで驚きですね~!だからこそ「イサンが面白い!」

それ以後グギョンは、日本の時代劇で言えば、「この紋どころが目に入らぬか~!」と言う感じで王命を授かった手形を見せ兵の出動を命じる…世孫様良いヒントを下さったな~!

屋敷の前に兵が居るのでびびり、慌てるフギョムやノロン派の面々!う~んどんどん痛快になるわ!

世孫が護衛部隊長のチェ・ジェゴンに「世孫と言う身分に生まれて居なければこの様な目に会わなかっただろう」と「本当は怖くて堪らないのだ」と弱音を吐くシーンは、世孫の辛い気持が伝わって来ましたが、一番信頼できる相手だからこそ言えた言葉なんでしょうね!良い主従関係を感じるシーンでした!
「どのような現実であれ受け入れねばならぬ…それが定め…」って、世孫様ってほんとに大変な立場ですね~!!

テスに着替えを持っていく場面…ソンヨンすご~くテスに優しかったけど、テスはそう言うソンヨンがもっと好きになっちゃいそうですね~!(*^_^*)

今回は世孫様とのシーンは何もなく寂しかったわ!

3日経っても誰も王妃様を訪ねる者は居なく、王妃はフギョムを訪ねるが、あの王妃の瞬き一つせず目を睨みながらのきつい言葉に、さすがに逃げ腰だった策士フギョムも、顔がこわばって居ると言われて居た…しかし敵ながらあの王妃の演技は大した迫力ですね~!

フギョムの屋敷を出た王妃の後を付けるテス…行きついた場所が王宮で、顔を見てさらにびっくり仰天する!

この時のテスの困惑した表情とまん丸の目と言ったら無かった(゚ロ゚;)ガーン!
吐く息は白くかなり寒い時期なのかと思った。

この後人目を忍んでチョンフギョムの屋敷から出てきた事をグギョンに告げるとビックり!を通り越して信じられない様子だったが、世孫様も又こんな夜更けに何事だ!…と、その後のグギョンの言葉を聞いて、まさか?と信じられない様子でキョトンとした表情の世孫様をを観て居たら…何だか可哀そうで涙が出てしまった!

あれほど自分を大事にしてくれた王妃様までもがノロン派だったのか~と思うと、余りにも辛い人生ですね~!

黒幕?まで分かってきた今回…でもまだ王様は知らない訳だけど、今後この事を王様が知ったら王妃様に対して、どんな態度を取るのだろう?と…これからがさらに面白くなりそうですね~!

« 90周年運動会は何度観ても楽しいね! | トップページ | 「トンイ」30回はびっくり仰天 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

も~みんさんありがとうヽ(^o^)丿
チェ・ジェゴンとの会話はほんとに信頼した者同士の会話でしたね~!

「世孫と言う身分に生まれて居なければ~」とか、
「本当は怖くて堪らないのだ」とか、実際世孫に関する本などを読むと
世孫時代は、着たままで寝る事が多かった様なことが書かれて居ますが、
いつも命を狙われてばかりで、辛い立場で、この言葉がうなずけますね~!
それでもめげずに生きる態度が偉いし、魅力的で(*^_^*)
世孫様素的~となるのでしょうね!

も~みんさん…私も全く同じ気持ですよ!( ̄ー ̄)ニヤリ
又色々お喋りしましょうね!いつもさんくす♪(o ̄∇ ̄)/
では又ね~(^.^)/~~~

こんばんは~ いのさん(*^-^)
あっ♪いつものお仲間さんが~(^_^)
いつも思うのですが、いのさんの記事、自分が初めて「イ・サン」を観た時を思い出して、いつも楽しく読まさせてもらってますo(*^▽^*)o
今回の「世孫様」もよかったですよね~♪ 
「チェ・ジェゴン」との会話は、私も大好きなシーンの1つです。
 「世孫」という立場も辛いですよね~(T_T) でも、それを自覚して前に進む「世孫様」、素敵です~(* ̄ー ̄*)
私がコメントすると、いつも「世孫様は素敵~」ってなっちゃいますね(^-^; へへっ(^_-)

kabukimonさんいつもありがとうヽ(´▽`)/
声優さんの事まで詳しくてさすがです~!(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ
ほんとに驚き(@_@)でしたよ!
kabukimonさんたら一人の時やって見てって…そんな恥しい(´、ノ`)フフッ

今回も2度観て楽しみましたが
次回の29話は世孫様、萌え萌えのシーンって?又々楽しみですね~!

kabukimonさんのサイトのお蔭で何人もの方から
コメント頂いて居て嬉しいですo(*^▽^*)o~♪ありがとう!!
宝塚ファンの人には全然コメント頂けなくて情けないですが…(-.-)
めげずに頑張ります(*^_^*)
では又ね~(^.^)/~~~

こんばんは~いのさん~!!
そうなんです!!そうなんです!!イサンの吹き替えを担当しておられる
声優陣の方は、皆さん大ベテランの方ばかりですから、プロ中のプロ!!
ですが、それでもいつも関心をさせられるのは、台詞を感情込めつつ、
あちらの俳優陣の口の動きに見事に合わせているんです~っw(゚o゚)w!!
自分で体験をしてやってみるとよく分かるのですが、英語とかとは違って
(時代劇という事もあるでしょうが)、かなり日本語と言葉の句切り方が違うので、
何度も練習をしないと、ああピッタリとは声を当てられないんです。
1人で視聴しているときに、是非やってみて下さい(爆)(*´v゚*)ゞちょっと
恥ずかしいですけれど、日本語的に切りにくい部分で言葉を切っていたり
するんです~ψ(`∇´)ψ~、次回の29話はひたすら1時間、TVの前に齧り付いて
視聴して下さい!!特に、冒頭の部分は、「世孫様の○○シーン」がひたすらかっこよくって、萌え萌え~何です!!( ´艸`)プププ、今からもう、楽しみですっ♪♪

たんぽぽさん 初めましてようこそ~!ヽ(´▽`)/
kabukimoさんの所からって嬉しいです!(*^_^*)

kabukimonさんやも~みんさんは
実は別のサイトでタモの記事を載せて居た頃から来て頂いて居るんですよ!
でもブログあっちもこっちもで大変なので途中で止めてしまって…
お二人からはコメントを沢山頂いて居ますから
良かったら行って見て下さいね!↓

http://blog.livedoor.jp/tonkonoheya/

記事は色々書いて居ますが、内容は恥しくて~!(>_<)
宝塚も作品によっては良い作品もありますので観て下さいね!

コメントo(*^▽^*)o~♪ありがとう!!
又遊びに来てね(^.^)/~~~

初めまして、いのさん!!
kabukimonさんのブログを見てやって来ました。スローモーなので、いつも話題に遅れ気味、投稿数も少ない私ですが、これも何かのご縁(-^〇^-)よろしくお願いします。

それにしてもいのさん、内容の幅の広いこと…びっくり…というか感動!!
まずはまとめてくださっている韓国ドラマに行ってみましたが、まだ途中。その間にkabukimonさんやも~みんさんは何度も来訪っ凄い!

宝塚はまだ生で見たことが無いので(退団後の方たちをテレビや舞台で見たことはありますが)、いのさんのブログでスタートしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イ・サン」妖しい人影を観て。:

« 90周年運動会は何度観ても楽しいね! | トップページ | 「トンイ」30回はびっくり仰天 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ