« 「男役の美学」より北翔さんと吉崎先生のトーク。 | トップページ | 宙組「クラシコ~」観て来ました。 »

2011年12月 7日 (水)

「トンイ」禁じられた告白

記事アップがカメに成ってしまってどうしようかと思ったけど、一応大雑把に載せる事にしました。

今回のトンイは何て暗い回だったんでしょう!ソヨンギがトンイの戸籍を聞く時からトンイは緊張で…ついに分かってしまったか!と言う表情でしたが、その後も王様に告白するべきかどうか悩んだり、そして遂に決心して王様に「私は罪人の娘のトンイです」と告白する時もずっと暗い表情で辛そうでしたね!

子供の頃の真っ赤な頬をしたトンイが、ソヨンギに「私の父は人を殺しては居ません!」と叫ぶ場面に…昔の事は余り良く知らない私は、な~んだ!そうだったのか~!とちょっとほっとした気持でしたが…。

トンイの叫ぶ声に振り向いたソヨンギは、その後ずっとその言葉の真意を確かめたくてトンイを追って居たのだと知り驚きでした!

ところがトンイは父親は人を殺しては居ないけれど、コムゲに助けられた事が罪と思いこんでいたとか!何と言う思い違いでしょう!

さらにソヨンギは友人だったトンイの父に裏切られたと思いこんで居たらしいが、チョンスとのやり取りで実はトンイの父親はソヨンギを救うために自ら罪を被ったのだとか…分かって居なかったのは自分の方だったのかと…真実を知り愕然としていた。

チョンスは罪は罪の様だったが罰せられずチョン尚宮を守る様告げられる。

今迄はトンイの過去を知られたらどうなるのだろうと思って居ましたが、今回チョンスの告白から思いがけない真実を知って、トンイが一つ大きな山を乗り越えられた気分で、兎に角良かった!良かった!と言う気持です!

チョンスは何もかもを知って居たのになぜもっと早い内に真実を明かそうとしなかったのだろう?と思ったけれどチョンス自身がコムゲで追われて居る身だったからなんですね~。

ソヨンギはチョンスが用意したトンイの戸籍を王様に見せトンイはヌヒだったが主人の仕打ちに耐えかね辛くて逃げたと王様には嘘の報告をしていた。

この後宮中の庭で王様はトンイに「世は銭民を守ってやる事が出来なかった」と詫びながら優しくトンイの手を握ると言うこの回で初めてトンイの笑顔が戻った場面でしたが、女官や供の者たちが見守る中、・二人の微笑ましい場面が観れました。

でも後半ではシムウンテクが拉致されたり、謄録類抄(トゥンノンユチョ)(国境の軍の配置図)が見つからないチャンヒジェ側は、焦っていたが、ヒビン(オクチョン王妃)は「トゥンノンユチョが連中の手にあるのなら取り戻せば良い事だ!」と落ち着いていて何を企むのかと思いきや、早速チャン・ヒジェの発案で清国の使節団をもてなしご機嫌を取りたいと申し出て居た。

トンイもチョンスもソヨンギも一同に集められて…大胆なやり方で一気にトゥンノンユチョを探そうと言う事らしい!あ~トンイの部屋が又狙われる~!次はどうなるのでしょう?

「イ・サン」も「トンイ」も同じビョンフン監督の作品ではあるが、「トンイ」は宮中の王妃同士や側室の争いばかりで政治の事など誰がやって居るのかと言う感じですね~!

19代スクチョン王これが悪政と言われた所以なのかと思ってしまいましたが…(*^_^*)

« 「男役の美学」より北翔さんと吉崎先生のトーク。 | トップページ | 宙組「クラシコ~」観て来ました。 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

わぁ~!kabukimonさんお忙しいのにありがとうヽ(^o^)丿
すごいですね~!立ち読みでガイド後半を全部読まれたとか
恐るべしkabukimonさんの韓国熱!(*^_^*)
でもまぁその位熱くならないと
ブログは集中して書けないのかも知れませんね(*^_^*)
いやいやトンイだけじゃなくて
kabukimonさんもいつも前向きで恐るべしですよ!
>スクチョンも、後編では前半とは違って~
やっぱり人間ひがんでばかりいても良い事無いでしょうね!
トンイの様な性格だからこそ、英祖の様な子に育ったのでしょうね!
実は私kabukimonさんにお勧めを頂いたので
ドラマガイド後篇買ったんですが、
アマゾンは何時もなら翌日くらいには届くのに、
今回は12月も20過ぎに成るんですって!
でもまぁお正月に楽しませて貰いましょうかね(*^_^*)
いつもいろいろ有難うね!
又教えて下さいね~!では(^.^)/~~~

こんばんは、いのさん…、今夜はこちらに書き込みますね~…、なかなかまともには視聴出来ない「トンイ」ですが、本屋さんでドラマガイドの後編が平積みになっていまして。ちょっと立ち読みをしようと手に取ると、出演者のインタビュー記事のページ…、私が「ケベク」で好きになったキムユソクssiのページもあって、ついつい長時間に…気が付いたら殆どのお話しを立ち読みで読んでしまっていました…( ̄○ ̄;)!恐るべし…脚本家キムイヨン!!という訳で、前編を買ってもいないのに、後編を購入…( ̄◆ ̄;)という呆れた事をしております。
でも、何時も前向きで、誠実に生きようとするトンイに、こちらも思わず見入ってしまいます!!スクチョンも、後編では前半とは違ってかなりトンイやヒビンや彼女たちの息子のことで悩むみたいで、今からとっても楽しみです…先日の特番で、ベスピンssiのインタビューを観て、こちらも期待大ですねっ(*^-^)ネタバレはしますが、後編のドラマガイドはお勧めですよっ(*^ω^*)ノ彡

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トンイ」禁じられた告白:

« 「男役の美学」より北翔さんと吉崎先生のトーク。 | トップページ | 宙組「クラシコ~」観て来ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ