« ミル・シル・のえるにもりえちゃん | トップページ | 「オーシャンズ11」観劇記・個人個人の感想です。 »

2012年1月12日 (木)

星組「オーシャンズ11」観て来ました。

正直言って、観るまでは宝塚らしさに欠ける舞台だから~と、チケット買うのも乗り気ではなかったが、今日観劇して見るとそんな気持はすっかり何処かに消えて居た。

 

星組さん久しぶりの所為か、プロローグからちえちゃんの歌に圧倒され、オーシャンズメンバーの皆さんもカッコ良くて、金庫破りの知恵と技術にあっ!と驚く事ばかりで最後まで気の抜けないストーリーに惹きこまれました。

 

天才詐欺師ダニー・オーシャン(柚希礼音)が刑を終えて釈放され、妻テス(夢咲ねね)と会うと、離婚したがって居て、さらにラスヴェガスのホテル王・ベネディクト(紅ゆずる)との仲を噂れる関係にあったり、新しく建設されるホテルのショースターに抜擢されて居たりで衝撃を受ける。

 

ベネディクトはテスの前では本性を見せず、蔭では冷酷非道な手段でラスベガスを牛耳る本物の悪党で、ベネディクトが経営するホテルの金庫には全てのカジノの収益金が集まる事になって居て、その金額は一晩に一億五千万ドルにも成ると言う

 

そこでダニーはベネディクトにひと泡吹かせる為、仲間と相談しベネディクトが経営するホテルで金庫破りを企画する。


1幕ではダニーとテス・テスとベネディクトの関係等が詳しく描かれ、金庫破りに必要な様々な分野のエキスパートを10人集めて行く様子が描かれ、



2幕では集まったメンバーによりそれぞれが重要な役を果たし、監禁された3人を助けたり、ゴキブリ1ぴき通れないと言うセキュリティーを破り、チームワークで金庫の中のお金を頂戴すると言う…

 

その上最後はエコプリンスとしてのデビューを躊躇して居るテスをイリュージョンで助け、離婚届けは破いてくれて、奪ったお金はエコのNPO団体に寄付したり、何とま~カッコイイ最後で、正に痛快娯楽編の舞台で面白かったですヽ(^o^)丿

 

フィナーレの男役陣のダンスは何時もと振りが少し変わって居て、カッコ良いい!



ちえちゃんと一緒に銀橋へ出て来た時の白華さんの綺麗だった事!

 

最後にちえちゃん・ねねちゃんのデュェットもねねちゃんの短いお衣装が良く似合って素的でした!

 

生徒さん一人一人で感じた事はこちらです。



映画で聞き慣れたマリリンモンロー主演の♪お熱いのがお好き~の曲を使ってのロケットだったり、曲名は分からないが、聞き覚えのある曲で真風さん中心のダンスで興味深く観れ、さすが小池先生上手い!と感じたお芝居で最高でした!



« ミル・シル・のえるにもりえちゃん | トップページ | 「オーシャンズ11」観劇記・個人個人の感想です。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組「オーシャンズ11」観て来ました。:

« ミル・シル・のえるにもりえちゃん | トップページ | 「オーシャンズ11」観劇記・個人個人の感想です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ