« 「トンイ」断ち切れぬ友情 | トップページ | 花組「復活~」千秋楽の様子より »

2012年1月30日 (月)

「イ・サン」失われゆく記憶は

今回の「イサン」は正に王様の認知症で王宮内が振り回されて居ましたね~!

世孫様が王様に会いに行けば王妃様が出て来るし、王様からは謁見を拒否されるし、世孫に取っても何が何やらと言う状況だった様ですが…王様は自分の病が認知症と王妃に知らされ…この場面、「最後に王様の面倒を診るのは自分の役目、どうかお傍に居させて下さい!」と懇願する場面は、本当に真に迫った演技ですごかったですね~!

王様も何とか症状が進まない様ソンヨンを相手に地図を読み上げたりして居てさすが英祖と思いました!

王妃はすっかり権力を取り戻した様でファアン様は型無し、その上王様がご自分の言動の一部始終を記録させるサガンを自分側にしようと企むなど~驚きですね~!

サンはなぜ王様が病を隠そうとするのか?と悩み苦しんで居ましたが、ホングギョンも王様の態度が可笑しい事で必死で探って居て、最後になってやっと分かった様で…グギョン遅いよ~!と思いました。

王様の最後の世孫に対するあの呆けっぷりには驚きでしたね~!いくらサドセジャの夢を見たからと言って、全て世孫に任せると言って居た王様が、世孫に対して勝手に政務会議を開いて~とか罪人の墓の修理は持っての他とか~怒鳴って…王様が呆けるとこう言う事になってしまうから怖いですね~!出席して居た重臣たちも誰もがびっくりの様子で、あれほど貞純王妃が内緒にしていた認知症が一気にばれてしまいました!

今後は王様の認知症が進み、王妃が権力をふるうようになるのかと、今後を予想させる回でしたが、個人でも呆けると大変な訳で、それが王様ともなると…結局恐れて居た事態が起ってしまって…早く世孫に王位を継承しないと混乱してしまいますね~!

図画署に戻ったソンヨンをみんなが優しく迎えてくれて、良かったな~と言う気持で嬉しかったですが、そのソンヨンが王様のお相手をした帰りに偶々世孫様と出会って言葉を交わす場面は、たった一言二言であっても二人にとっては嬉しい一時だった事でしょう!

ビョンフン監督って必ずこう言う幸せを感じる場面が織り込んで居るのが良いですね~!

世孫様は今後王様の呆けをどう受け止め、どう対処して行くのでしょうか?次週も又楽しみですね!

« 「トンイ」断ち切れぬ友情 | トップページ | 花組「復活~」千秋楽の様子より »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

まぁまぁこちらにまでコメント有難うヽ(^o^)丿
私も少し先まで本を読みましたが余りのサンの流転の人生に涙が出ました(>_<)
何処までも貞純王妃の権力に追いまくられて譲位か拒否か?の戦いにまで進んでしまって…でもあの特別番組のリハで観たみんながあっ!と驚く場面によって収まるのかな~と想像したのですが…

早く即位して欲しいけど、ドラマは早く終わって欲しくは無いし困ったもんです(*^_^*)

今回もお喋り出来て嬉しかったです(^.^)/~~~

今度は、「イサン」で、おはようございます~!!さあっ!!世孫様時代の「サン」にとって、最大の危機がやって来ました~ぁ~暫くは、毎回、目まぐるしく「サン」の運命が流転をしてゆきますっ…脚本と、監督の演出が相まって、何度視聴しても“飽きる”事がありません~!!
でも、もう少ししたら、イスンジェssi演じる「英祖」はドラマから姿を消してしまう運命にあります…それが哀しいkabukimon…イソジンssi演じる「サン」との素晴らしい演技対決が観られなくなってしまうんです~(いや、まだまだ先ですが…)、とにかく、当分目が離せませんっ~全ての登場人物達のエピが、複雑に絡み合うお話しの展開を、どうか楽しみにして下さい~今後も、いのさんのレビューを楽しみにしています~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イ・サン」失われゆく記憶は:

« 「トンイ」断ち切れぬ友情 | トップページ | 花組「復活~」千秋楽の様子より »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ