« 「トンイ」復讐の誓いを観て | トップページ | 新人公演のインタビューに真風さん »

2012年1月16日 (月)

「イ・サン」異変の幕開けを観て。

「イ・サン」異変の幕開けを観ました…今回は本当に題名通り異変を感じる回でした!

チェ・ソクチュが世孫側に寝返った事で、フギョムとファアンが次第に身動き出来ない状態に成って行くのかな~とか、貞純王妃が王様の権限を利用して自分の思い通りに政治を動かして行きそうな気配を感じますね!

そして世孫も又ソンヨンが喜んで行ったのでは無い事を今になって初めて知った訳で…そのソンヨンが意識の無い状態で今自分の目の前に居る姿を見て改めて正直な気持で抱きしめたのでしょうね!(-.-)

本当に切なくて胸にグッとくるシーンでしたが、もう少し観て居たかった!

世孫が改めてソンヨンに対する気持ちがはっきりした事で、今後二人はどうなって行くのか?母親であるヘビン王妃を説得できるのか?

今回すごいな~と感じたのは、日に日に惚けて来ている英祖と貞純王妃の場面で、王妃は自分もお目通りが叶うかどうか心配しつつも、次第に大胆に、王様のご機嫌をとりながら、キムギジュを宮廷に戻されるようやんわりとお願いするシーンは、正に王妃に取っても一か八かのシーンだった様に思います。
一言一句気を使ったセリフや、王妃の表情の上手さに感心しながら観入りましたが、この場面、自分としては中々面白かったです!

少し筒異変を感じて来た「イサン」のストーリーが、どんなストーリーに発展して行くのか楽しみです!

イ・ソジンさんの画像を見つけましたが、こちらも随分沢山ありますね!

« 「トンイ」復讐の誓いを観て | トップページ | 新人公演のインタビューに真風さん »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

kabukimonさんコメントの表示について
わざわざ来て頂いて申し訳ないですm(__)m
2度も~って良く判りましたね(*^_^*)
実は直ぐに表示されなかったので、
もしもう一度覗いて表示されて居なかったら
もう一度コメントしようと思って居ました(*^_^*)
お忙しいのにご丁寧に申し訳ない!m(__)m

昨日kabukimonさんの見どころ凝視して観ましたよ(*^_^*)
又記事で書きますね…では又ね(^.^)/~~~

こんばんは~いのさん…先ほどは、コメントをありがとう御座いました~でも、どうやら、私の利用しているブログサーバー(ジュゲム)が、ビジー状態だったらしく、すぐにコメントがコメント欄に反映されなかったみたいで…すみません…2回もコメントを入れてくださって~
私も、自分がブログを立ち上げるまでには、同じように2回コメントを入れることが良くありました~(爆)…酷い時は、私自身のコメントも反映されるのに1時間かかった時期があります…最近は凄く減ったのですが…、そんな訳でして、どうか反映されなくてもご心配無く~30分か1時間後に覗いて頂ければ、ちゃんとアップされていると思いますので…今回は最初の方のコメントを残させて頂きました~明日以降の「トンイ」「イサン」の記事のアップを楽しみにしております~

ぴょんさん丁寧なコメントありがとうございますm(__)m
仰る通りですわ!唯長いのでは無く、それだけ描写が詳しく描けるし、政治の駆け引きも少し筒利口になって行きますしねヽ(^o^)丿
王への道程は長くて大変だけれどそれだけ楽しみが先へ伸びる事を考えると有難いことですヽ(^o^)丿

ソンヨンに対する想いは女性に疎いサンだからイライラ感が募るのは仕方が無いでしょうし、この先まだまだ波乱万丈の人生でしょうけど、それ故に楽しみ倍増かも知れませんね(*^_^*)
今後もそんな「イ・サン」が楽しみです!
記事も出来るだけアップして行こうと思いますので
今後もどうぞよろしくね(^.^)/~~~。

いのさん、ご無沙汰してます~^^ いつも、素敵な感想をありがとうございます。 私もイサンの良さの一部は、この「長さ」で出た部分も多いと思いますので、観る方の感性によっては中だるみとか、話の進みが遅いとかということにもなってしまうのですが、イサンはこの独特の「間」と出演者の方々の名演が上手く合体して、今の韓国ドラマの主流のノンストップドキドキハラハラとは少し違うけど、しっとり感とドキドキが程よく合わさった仕上がりになっていると思います。これから、ソンヨンとサンの想いが本当の意味で叶うまでは、まだまだ長い道程となりますが(ヘビンお母様、今はとっても邪魔~>△<。。)、政治の駆け引きも楽しみつつ、待ちたいと思います^^ またお邪魔させてくださいね~*^^* では。


kabukimonさんお忙しいのに度々ありがとうm(__)m

回数が多いとまだまだ楽しめて嬉しいのですが、
サンとソンヨンの場面が少なかったり、
中々王様に慣れない所がちょっとね~(-.-)
でもkabukimonさんの様にハラハラドキドキしつつ
まぁ長い方が良いかな~とヽ(^o^)丿

チョンスン王妃の図太さにも驚きですね~!
サンがどう対応して行くのかが見物です!

>お母様と「サン」の静かなる対決も面白いし…

><サンの為に偉大な存在を感じて居たヘビン様ですが
ソンヨンに対してのヘビン様はいくらサンの為とは言え
最近はにっくき存在になって来て居ます!
もっとはっきり母上に言いなさいよ~と思ったり(*^_^*)

これからも「イ・サン」楽しみましょうね!
では又、コメント有難うね(^.^)/~~~


おはようございます~いのさん
むふふふっいのさんも、ドラマとしての「イサン」にしっかり嵌っていますねっ~
イビョンフン監督の作品については、“もう少し回数を減らせばもっと面白くなるのに”…という意見もちらほらあったりします。事実「イサン」も途中で視聴率が低下した時があって、「サン」がなかなか王様になれない…とか「ソンヨン」との仲が進展しない…とか、でも、私はそのちょっと“中だるみ”のような“引き延ばされている感じ”も、結構ドラマとしての「イサン」の魅力だと思っています~
ヤキモキ、ハラハラ、しつつ、「次はどうなっちゃうの~」っと、次の回を心待ちにしちゃうところが大好きっ~、次回の36話も、「チョンスン王妃」の動向は、益々図々しくなりますし、「サン」はジワジワと彼女の計略に嵌り、訳が分からない状況に困惑をしてしまいます…そうそう、お母様と「サン」の静かなる対決も面白いし…もちろんっ「ソンヨン」とのなシーンもいいですよぉ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イ・サン」異変の幕開けを観て。:

« 「トンイ」復讐の誓いを観て | トップページ | 新人公演のインタビューに真風さん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ