« 「ホジュン」放送されて居たんですね! | トップページ | 「ホジュン」最終まで観て »

2012年2月25日 (土)

「ホジュン」その後

「ホジュン」のDVDに夢中になって居た毎日ですが、Diskも残り少なくなって物語も終わりに近づいてきてあ~!もう終わってしまうのか!と…寂しさを感じますが、沢山の感動と危機がありました!

中でも最大の危機は、何と言っても恵民署で働くホジュンが密輸を取り仕切っていた犯人であり、しかも両班の娘と結婚した事などをポドチョンの従事管チョンスに分かってしまって…それを内医院の重臣の医官達にまで知られてしまって、ホジュンの腕と朝廷への功績は買われて居たが、王様もどうにもならなく、ついに牢に入れられる羽目になり…高官の医院達は日頃功績を讃えられ、地位を登り詰めるホジュンを許せず、陥れるにはこの上ない好機だったようだ!…何時の世も出る杭は打たれますね~!

この時の重臣たちの言葉に驚いた!…「密輸の事は消せるが銭民が掟を破って両班の娘と結婚した事は許されまい」…現在のわれわれには分からないが身分制度と言うものがそれほど大変なものだったのかと驚きました!
しかし側室の恭濱の急病を治す為獄中から呼ばれ、針で治療に成功し復権する。
王様の仁濱への一方的な愛に苦しむ恭濱は気力を失うが、良い薬は全て仁濱側に取られ、薬も無く…これも全てユドジの仕業だった。

ホジュンとユドジは何処まで行っても対比する立場に置かれていて、ホジュンは恭濱宮邸の医官に・そしてユドジは仁濱宮邸の医官に命じら…ユドジが意地悪をすればするほど観る者の同情を買う…ここら編がドラマを面白くしていてビョンフン監督上手いですね~!

ユドジは王様の命とも言われている仁濱・王子の背中に腫れものが出来、簡単に治ると説明しておきながらどんどんひどい状態に成って行く。

しかももう手の施しようが無くなってから、さも親切心を渡す様な形でホジュンに引き継ぎ、周囲からは何か魂胆があるから~と進言されてもそれを拒まず引き受けて…背中の肉が腐り始めた状態から、何と蛭で膿を吸わせて直すと言う誰もがあっ!と驚く方法で治したのです!

仁濱はもちろん王様さえその処置を強く反対したが、ついにそれをやり通すシーンがすごかった!

そしてついにユ・ドジを抜き正三品~御医に命じられる…どん底の暮らしに耐え、どんな屈辱にも耐えて来た妻ダヒと祖母は驚き、初めて静かな喜びに浸るシーンに自然と涙がこぼれました。

倭軍が攻めて来て、随行医として一緒に居ないホジュンをドジは「ホジュンは逃げた!」と王様に告げ…ホジュンは王様に信頼を失うのですが…

この後も原因不明の急病で倒れた信城君を、随行して居たユドジが治せず、まごまごして居る内に亡くなり…王様の怒りを買い、ドジはついに獄中の人となり…哀しみに浸る王様が倒れ、ホジュンが呼ばれ針の治療を任せられるが、自分は戦争で手を銃弾で撃たれて針が出来ないと嘘を言い、ユ・ドジを獄中から医官として呼び戻す様願い出たり…あれほどの嫌がらせを受けながら獄中からドジを救うとは…まるで神様の様な人ですね~!

後もう少し朝鮮の医官のドラマに浸ります。

« 「ホジュン」放送されて居たんですね! | トップページ | 「ホジュン」最終まで観て »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホジュン」その後:

« 「ホジュン」放送されて居たんですね! | トップページ | 「ホジュン」最終まで観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ