« 花組「復活~」千秋楽の様子より | トップページ | 宙組「仮面のロマネスク」ナウオン »

2012年2月 2日 (木)

「霧のミラノ」を観て

最近、「堕天使の涙」や「ロマンス・ド・パリ」など朝海ひかるさん主演の舞台作品が多く放送されています。あの頃のコムチャンも素的でしたね!

 

過去の雪組の作品が度々放送されて居るのは、現在トップとして活躍のキムさん(音月桂)や、花組の壮さん・宙組の凰稀かなめさん等、もうすぐトップと噂される人が出演して居るからかな~と思うのですが…。


 

昨夜は「ロマンス・ド・パリ」が放送されていましたが、敢えて録画してあった2005年の「霧のミラノ」を観ました。

どちらも好きな舞台で何度か観て居ますが、「霧のミラノ」はやっぱり柴田先生の作品でしたか~!


 

プロローグのま~ちゃん(舞風りら)の真っ白な衣装の豪華な事!その上コムちゃん(朝海ひかる)とま~ちゃんの優雅なワルツの素的な事!これだけでも充分惹きつけられます!


 

最初は単に財産没収の通告を受けたマルティーニ家の令嬢を助けたい気持ちで関わった青年貴族ロレンツォと令嬢フランチェスカが自然に恋に落ちて行く物語で、兎に角最初の舞踏会のデュェットから目が釘付けとなり、ストーリーに惹きこまれていきます。


 

出演者も朝海さん・舞風さん・かしちゃん(貴城けい)・水さん・音月さん・凰稀さんと兎に角今観ると豪華ですね~!


 

この時の惚けた感じの水さんも中々良かったです!(*^_^*)

 

霧のミラノの主題歌も、アマポーラの曲も素的です…フランス語ではコクリコ・英語でポピー・日本語ではひなげし・中国語では虞美人草・♪アマポーラ~アマポーラー~

 

同じお花でも色々呼び名が変わるんですね(*^_^*)

 

詳しいストーリーはこちら

« 花組「復活~」千秋楽の様子より | トップページ | 宙組「仮面のロマネスク」ナウオン »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「霧のミラノ」を観て:

« 花組「復活~」千秋楽の様子より | トップページ | 宙組「仮面のロマネスク」ナウオン »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ