« 「イ・サン」43話洗い流された汚名を観て | トップページ | 「アムール それは…」 »

2012年3月14日 (水)

花組「復活」2度目観て来ました。

花組「復活」-恋が終わって愛が残った-とショー「カノン」の2本立てを観てきました。
お芝居は公演も残り少ないだけあって結構アドリブが入って居た様でした。

どうしても気になったのはやはり壮さんのセリフ…役柄からして早口になるのは仕方がないのかな~と思いながらも、軽く言い放つようなセリフがどうもはっきりしなくて…私だけかな~?

 

まゆさん(蘭寿とむ)のネフリュードフは自分が若かい頃に起こした罪を何とか償おうと畑や屋敷まで従業員に渡すなどして必死さを感じましたが、周りから見れば現実とはかけ離れた考えだっただろうな~と、でも責任や誠実さを感じて素的な青年役で良かった!

 

お芝居だからしょうがないのですが、ネフリュードフはあれほどカチューシャを救いたい一心で全財産を無くしたのに、最後カチューシャが自由な身に成ってからがどうも納得が行かない!

 

いくらカチューシャが望んだからと言って余りにも簡単にシモンソンとの結婚を許してしまって…一度ぶん殴っただけですっきりなんて!考えられない。

 

ネフュードフは大手を振って第2の人生を歩めるから良いの?だから-恋が終わって愛が残った-になるのかと。題名もそこまで考えて?

 

お芝居は蘭はなちゃんの悪たれなセリフも自然で違和感無く聞こえました。

 

ショー「カノン」は先ずは蘭寿さんのダンスが素的でしたね~!
そして蘭寿さんと蘭はなちゃん・壮さんとみりおんちゃん(実咲凛音)この2組がどれもストーリー性のあるダンスを、交互に華やかに踊られて花組の豪華さを感じさせてくれましたが、蘭寿さんも壮さんも踊って居る時、男役としての包容力が感じられて良いですね~!

 

さらに歌ではみわっちさん(愛音羽麗)そしてダンスではみつるくん(華形ひかる)やまぁくんや(朝夏まなと)だいもんくん(望海風斗)鳳真由さん等が切磋琢磨していて、何処を観ても豪華なショーでした!
退団が決まって居る扇めぐむさんも目立って居た様な。最後のエトワールでだいもんくんの歌が上手い!

 

娘役さんも華やかでしたね~!蘭はなちゃんのあのすだれのようなお衣装も殿方に取っては堪らない魅力でしょうし、銀橋で唄い踊る花野じゅりあさんのたっぷりなお色気!みりおんちゃんは歌もダンスも上手いし、そしてもう退団が決まって居るが月野 姫花さんも可愛くて!

又ブルーの衣装で男役陣の気合いの入ったダンスとダンス好きに取っては嬉しいショーでした!

 

今回の舞台を観ていたら、何だか壮さんとみりおんちゃんのカナリヤ・コンビはもしかしてトップに成れるの?と思えてしまった!
そしてこの舞台を最後にまぁくんは宙組へ異動するんですね!宙組へ行っても頑張って欲しい!

 

今日は日中穏やかで暖かいと言うので厚手のダウンの長いコートではなく、春のレインコートの様なのを着て行ったらちょっと寒かった!
座った時に膝の上に、もこもこ厚手のコートを置くのが嫌でね~!でもやっぱりまだ寒いわ~!

 

あ~やっぱり疲れました~!

 

 

« 「イ・サン」43話洗い流された汚名を観て | トップページ | 「アムール それは…」 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「復活」2度目観て来ました。:

« 「イ・サン」43話洗い流された汚名を観て | トップページ | 「アムール それは…」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ