« 「ホジュン」特別DVDを観て | トップページ | コムチャンのダンスが最高でした! »

2012年3月 3日 (土)

「誰がために鐘は鳴る」を観て。

宙組の「誰が為に鐘はなる」はニュース等では部分的には何度か観て居ましたが、通して観たのは今回が初めてでした…映画では評判が良かったかもしれないが、宝塚の本舞台でやる舞台では無かったように思えました。

先ずあれだけのスターさんを揃えてこの舞台?と思いました。

確かに戦争が背景の舞台だから~と思えば仕方が無いのかもしれないが、生徒さんは与えられた役に一生懸命取り組んで爆破までの4日間を緊迫した舞台でゲリラ同士の絆を強めて行った舞台で、特にロバートと少女マリアとの愛が熱く燃え上がり結ばれて行く中で、傷ついたマリアを思うロバートの優しさが強く感じられたり、・ロバートの責任感の強さを感じて良かったが、二人の愛は映画や男女ならまだしも、舞台上でしかも女性同士のラブシーンは観て居てくすぐったく感じたし、本公演でしかも一本物としての作品としては無理があったのでは?と思いました。

お芝居とショーの2本立てにするか、又はバウ作品としてなら良かったのに…。

色々ネガティブな事ばかり書きましたが、プロローグのまゆさん(蘭寿とむ)や、みっちゃん(北翔海莉)のスパニッシュ・ダンスや、若い頃の闘牛士のダンスが素的だったり、♪~ほら聞こえる~だろうの曲は良い曲だった!し、祭りの歌手の百千さんの歌や、七瀬りりこさんの♪バレンシアの腹からの声は、さすが上手かった!

使われている曲はどれも良かったし、短いフィナーレでしたが、華やかなフィナーレが付いて…みっちゃん(北翔海莉)を真中のトリオや、若さ溢れるロケット・ゆうひちゃんとすみかちゃんの美しいデュェット・ダンス・カッコイイ男役陣のダンス等、暗い気分を吹き飛ばして終われた事は良かった!

星原美沙緒さん、この舞台が最後だったのですね!…色々な舞台で、重厚な役を見せて頂きました。お疲れさまでした!

柴田先生の作品はほとんど好きなのですが、今回の舞台には正直がっかりしました…同じ戦争が背景の一本物の舞台では、アンディ・デュナンの生涯を描いた「ソルフェリーナの夜明け」は多くの生徒さんを使いこなし内様も重厚で秀越した作品だった。

« 「ホジュン」特別DVDを観て | トップページ | コムチャンのダンスが最高でした! »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「誰がために鐘は鳴る」を観て。:

« 「ホジュン」特別DVDを観て | トップページ | コムチャンのダンスが最高でした! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ