« 涼紫央さんのDS「O~Love~」 | トップページ | 月組「エドワード8世」初日を観て来ました。 »

2012年3月21日 (水)

「ユタと不思議な仲間たち」を観てきました。

今日久しぶりに劇団四季の秋劇場へ行ってきました。

「ユタと不思議な仲間たち」を観て…転校して来たユタと座敷わらし達の心の交流が素晴らしく、又いじめに遭ったユタをいつも何処かで見守りユタは強くなっていくと言う舞台で、座敷わらし達は一人一人が深い訳があってこうならざるを得なかったと辛い過去を歌で表現しながら闇に葬られ、社会から抹消された訳を唄います…だからこそ、生きる事の素晴らしさや皆何処かで誰かに見守られていると言う強いメッセージを感じる舞台ですが、楽しくて切なくて心が痛む舞台でした。

見所は沢山ありましたが、特にペドロ一家の一人一人が自己紹介するシーンは、お化粧も歌舞伎調のメイクで、おむつを付けたビジュアルが可笑しかったり、ダンスも歌舞伎調の様だったり、モダンダンスの様にも見えて、素晴らしいパフォーマンスで楽しませてくれて圧巻です!自分達は悲しい過去を背負って人間には成れなかったけれど生きているだけで素晴らしいのだから君も頑張れ!とユタを励まし応援して行きます。

又この舞台はユタ以外は全員東北訛りによるお芝居ですが吉谷昭雄さんの寅吉爺さんは地味だが、如何にも村の長老らしい演技に良い味を感じて素晴らしかった!

主演のユタは勿論、小夜子も座敷わらしのペドロ一家も誰もが歌が上手くて喧嘩のシーンなどは烈しくなるといつの間にかダンスで戦っていたり、ユタが強くなるように皆で鍛えるシーンも又いつの間にかダンスシーンとなり、逞しく成長して行く様子に迫力を感じます。

最後にユタと村のいじめっ子達と仲良くなるシーン・ユタや小夜ちゃん達と別れを告げペドロ一家が旅立つシーン・どれも印象に残るシーンですが、いつも何処かで小夜ちゃんを見守ってきたペドロと小夜ちゃんの別れなど、小夜ちゃん役の奥平さんが唄う歌が素晴らしく感動のシーンでした!歌を聞いてるだけで涙が出てしまいました。

最後は出演者と客席が一体となって♪一人はみんなの為に、みんなは一人の為に~を唄います。

最後のご挨拶で東北沿岸を中心に1カ月近く招待公演を行ってきたそうで、体育館で行った様子等を映像で見せて頂きました。

この舞台をご覧になったら、家族を失った人や今なお被災で苦しむ方々も、きっと生きることの素晴らしさを感じて頂けたのでは無いかと思いました。

秋劇場の1階はお客様は半分くらいしか客席は埋まって居なかったのですが、2階席は今回も中学生だか高校生でいっぱいでした。

劇団四季は舞台が終わってからスターさんが皆さんロビーに出てお客様を見送ると言うのが宝塚とは違いますね~!とてもお客様を大事にされている印象を強く感じて、又行きたい気持ちにさせてくれます。

きょうはお彼岸の中日も過ぎたと言うのに、北風が強く寒い一日でしたが、四季の舞台を満喫した心は暖かく、幸せを感じて帰路に着きました。

以前観劇した時の感想を載せていますので良かったらご覧ください…「ユタと不思議な仲間たち」を観て

本日の出演者↓
ペドロ…菊池正      ユタ…上川一哉    
ダンジャ…粕谷巴絵   小夜子…奥平光紀  
ゴンゾ…伊藤潤一郎   寅吉…吉谷昭雄
モンゼ…和田郁子    ユタの母…あべゆき
ヒノデロ…道口瑞之   クルミ先生…丹靖子 他、村の子供たち 

« 涼紫央さんのDS「O~Love~」 | トップページ | 月組「エドワード8世」初日を観て来ました。 »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ユタと不思議な仲間たち」を観てきました。:

« 涼紫央さんのDS「O~Love~」 | トップページ | 月組「エドワード8世」初日を観て来ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ